やる夫たちで見る2つの『湾岸戦争』 やる夫たちで見る2つの『湾岸戦争』  第1部:劫火の開幕 第2章 「将軍――黒いターバン」  続き3


940◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 00:50:23 ID:Bt1rffgg0

              /---:::::::::::::::::::::::::::::::  \
           /  / ̄     ヽ::::::::::::::::::  ヽ
        .--<            \:::::::::::::  ヽ
       / 【マッキンダー】       \:::::::::  ヽ       / ̄\
     /     ヘハ    |     \ \:::::::  ヽ     /    /
     /       |:::|::  |  |、     \ヽ ヽ:::::: ヽ___....-/、   /
     /       Y ̄ヽ ハ |_... |    ヽ:ヽ|::::::::: /      \ /
    / |   |  ヽ |   | ハ ===..|._    ヽ::::リ:::::ノ-..       Y  ―― 大英帝国の人 ――
   / |   ヽ ヽ |  |/ /|/(崎Oミ>   ヽ |::::::'/"   \      \
   | ハ   ハ  ハ |_ '    Voハ|::: ハ  ハ |:::_/     \|     \
   リ  ヽ  | \ |^ヽ__     ^ ̄ |::/::: |::リ/ ̄\       \     /
      ヽ  |.   :\ //~  .  ヘ / |:::: ハ/-    \          /
      ヽ ハ \ :::>'    <   |   /|:: リ  ヽ     \          /
       ヽ ハ l^-::::__..   ヽ   / .|::ハ   \               |
        \ \リ :::::::ト----- イ/ |::ハ     ヽ           /
            \ ::::|   _//-ゝ |:/ |           /::\
             \::|_.-/ |ハ、 |レリ ハ         /::::::::::::ヽ
             / ̄リ, / |  / |  /  ハ.       / \ゝ::_,:::ヽ
            /  / | / / < o   | \    ^    \/|:::::ヽ
            / /   / / / |    \  \        \::::::ヽ
           //  / / /  l      ヽ   \        \::::::ヽ



941◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 00:50:40 ID:Bt1rffgg0

         _  ----r‐ 、
       / /_  ⌒ヽ  ヽ
     【ハウスホーファー】ヽ      ┏                                             ┓
     //  .l .l . ├ヘ!  ! 1 ヽハ     ┃  必要は発明の母……と言う言葉通りに物事が進むと仮定して       ┃
     l l  .l Nト、 |  | 4A l  N     ┃  『地政学』と言う学問を説明するのならば                    ┃
     | ! l .4rfさミl ノ'rf‐ト1 !.l |     ┃  同時期に全く異なる環境の2つの国家で芽が吹いた学問だ。       ┃
     |ハ ト、l弋り   弋りノノl l      ┗                                             ┛
        ヽト、弋   。  イ ノ∧
      | |ヽト、> 、_ イ l /イ l
      ! | | ∨ソ   ハj' j  |
        jr― 7 `ぅ、 .r人 l ̄ ̄ヽ  ―― ドイツ帝国の人 ――
     /  ∨レくヽィ!f´ノヘl 、1  l
    ノ  /  厂水 `1 Ψ{、  ヽ
    く   l.  └ 个ー┘   1   〉
   /\_1     |     / .r‐く
.  /   /!l `ヽ、 .ノ|ニ二  ノiー.ヘ'  ハ
  /  `ヽ|.!  {   |    | l  ソ ハ
  丶、   \  ノ   1    !ノ ./  .ノ
    丶  .ソ    !    ヽ´  /


942◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:00:41 ID:Bt1rffgg0

                     , -, =、― ,-、 、_
                   /: : /: : \::/: : `ヽ`ヽ 、
.                  /:://【マッキンダー】 : ヽ: :丶
                /|:/: //:l: l: |::i::|ミ:/ヽヽ: l: ヾ::ヾ :ヽ
               /: : |/: :l::l: |:_」斗-|、`´_,|_|:i: |: ヾ: ヾ:ヾ
               l: : : ::|: :|i: |::「:ハ|」」_|   |/「`ト: ::|: i: |:|
               |: i: : :|: |:|:::|::|ヾ´  `  -‐-、イ: :|: |:/:|
               |::|: : ::|:ハ:|: |::|    ___ゝ   |: :|::イ//
               レ::i: :: リ ヾ:ト:|   l  ソ   /:イ:/〃  ―― まぁ、同時期と言っても基本的には
              /::/: : ::|   ヾ l> 、 ` ´, イフ/ |/           大英帝国のこの人の方が早かったりする ――
             /::/: :i: ::|  __/ヽ_r-t「-7|
            //: ::i: :r フ´ | /i__;;)|  / ̄ト 、_
            //::/: :|: :// / /;;/ヽ/   l / ヽ
           //::/: : |::/  イ /;;;;;/  /    l/: . : .:ヽ  ―― この事が実は地政学にはドイツ由来の『大陸系(ゲルマン)』と
           //|:i: : |/リ  |:.|;;;;;;;;;|:.:.:.:.|     |  : . : . ヽ    『海洋系(アングロサクソン)』の2系統存在する事を示していたりしてのかもしれない ――
           |ヽミ|:||i: :|l   |:l;;;;;;;;;;i|:. :.:.| ○  |   : . : . :ヽ
   r ‐、         |||:|: |ゝ  |:|;;;;;;;;;;i;|: :.|_○  .|       ゝ
  (  \     _ -|||:|ヾ、-ニ.|;;;;;;;;;;;i;|-- _`ヽ、 ./|  _ ,--ニ´ヽ
 -‐´ヽ   ヽ _ -   | || >イ: , : \;;/イー- ニヽ).ノ  ̄/     /
/  ,-‐´ヽ、 `´     _||´イ7: ,l: , :l: ,l: ,l: l: , l: _」-‐、メ      /
l      ヽ  i   _ - ´ |/: l: , l: , :l: ,:l: l: ,l: , :(     ヽ  _ .イ
.ヽ      } ノ- ´    /: l: , l: , ::l: , l::l: ,:l: , :`ァ     レ
 ` ヽ、  _ニ イ      /: ,l: , l: , : l: , :l:l: , l: , : ,l、    .ノ
    `         /: ,l: , l: , : l: , : l: , ::l: , : l:\ __ノ
              /: ,l: , :l: , : l: , : l: , : l: , : l: , : :l::l
              /: l: , :l: , : ,l: , : ,l: , : l: , : l: , : ,l::l


944◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:02:27 ID:Bt1rffgg0

           _, --/ }ilil 、
           ノ./{_/  :/  }   
           {人_{__/___ノ}__   
           ノ{三(^^)三三/ヽミヽ  
           )ノ∧_{ :{_/rァ Vノヽ }
          /ニ∧|_    |/ニ∨>o。
         / ニニ∧一'  /ニ():/    >--、
          //_r=くヽ.∧一 '))ニ/   /   ハ  大英帝国「うちの国の覇権を守るためには……」
         {/≦ミヽ }〉ニニニ/  /        |
        くニニヽ   |ニニ/   /         :|  ドイツ帝国「敵に周辺を囲まれた状況を破るためには……」
       / }__{:    |ニニ}    { ̄`ヽ      }
      /   {三ミ}\__ノノ\{__ /⌒      /}
    i    ∨ /}  {三ノノ   \        /__/
    |     ∨/___/`¨¨´     \    /ニ :/
    /\   /ニニ:{          }  /   :/
 /⌒ヽ__ ≧<ニニニニ\         /ニニニ {
 {    ∨  \ニニ, -≧x     /\ニニ}
 ト、   } /---  \/⌒i___.人___ イ⌒\ \ 人_
 {::::\/      {   ))        ヽ ∨} (
 \          \-<     }     ∧ }ノ }
. /\          \     /      }\__ノ

<============================================>
 > DIO「さて、この時期の政治学者、あるいは地理学者たちは必要に迫られて色々と唸った結果
 政治……特に軍事政策に対し地理が与える影響は絶大であると言う事に気が付いた」

 > DIO「そうだな、簡単なたとえ話をしよう」


945◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:05:16 ID:Bt1rffgg0

: : : : : : : : : : ;;;;″     `;;: : : : : : : : : : : : : :_::,:,:,:,:,:,:,:,,:,:,:,::,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,::,,:,:,:,:,:_:_::_:_ : :
: : : : : : : : : : : `'ー-,,,,,,,,,,,,,,,,,,-″: : : : : : : : :,;;;;'"゛                      `;:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,;;″                        _,,;;: :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;、                   ..,,_,,―''''"^: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `'―-、,,,_____,,, ____,,,―ー'"^: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .








~^ "`~~^ "`~~^ "`~' "`~~^ "`~~^ "`~~^''"` ~~^''"`~~^ ''"~^"`~ `~~^''"^ "`~~^ "`~~^ "`~~^ "`~
            ,l,
    ;"',,     ;"',,        ;"',,
                              ;"'    ,,           ;"',,
                                         ;"',,
          ;"',,                ;"'
                   ;"',,
  ;"',,                                   ;"',,

<============================================>
 > DIO「何処までも続くような、だだっ広い草原があって…………」


946◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:07:35 ID:Bt1rffgg0

                 山山山山山山山山山山山山山山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山      【国家】       山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山


<============================================>
 > DIO「こんな風に険しい山に囲まれた国があったとしよう

 > DIO「この場合、この国家はどのようにして身を守るか。山の外には敵国がうようよいるという想定だ」



                 山山山山山山山山山山山山山山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山      【国家】       山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                  要塞要塞要塞要塞要塞要塞

<============================================>
 > DIO「常識で考えりゃこうなる。要するにこんな風に政治、特に軍事政策は地理に基づいてが考えられ、
 最後には決定されていくのだ……とか言っているのが地政学の基本だ」

 > DIO「地形はよほどの事じゃない限り数百年単位で不変だ。である以上、人の歴史は常に地理に左右され
 あるいは地理が大きな国家戦略において多大な影響を及ぼし続けていると考えたわけだ」


947◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:09:36 ID:Bt1rffgg0

    /        .!      ./ |    !      |   .∧      |       ヘ
   ./         !     /  !   !       !   ./ ヘ      !       .ヘ
  ./        .! !   , - /'' - ,,,!  .|     、 !  ./  .!     !         .!
  ./  .i  .|     ! ! ,. "  /  __ ヘ"''=|'"    ` 'ナ'=.ッ ュェ- .L ,,  /    !   !  .!
 ./  |  !     ! ヘ  ,, .ヒニ三㍉,  |      .! ./ ._,,, _ .|   ./    .!   .|、  !
 .!   |  ヘ    ! .ヘ'" ィ" ヽ::  ::ふ !      .!./ろテ㍉ミ!、 ./     .!   |.ヘ  |
 !  /|   ヘ    ヘ .|ヘl|.!ヘ.イ.:ら。:il ゝ     メ.、 リ:: ::さ/ミン. |    ./   .! .! |
 |  / .!   ヽ    ゝ!. ヽ|.|:: ::::::::  :リ        .i!:Y".:ら。.〆.|l!'!    ./    .!  .! |
 | .!  .!    ヽ    ヾ  弋  - う/         !:: .:::::::... .リ ." /   ./    !  | !  ――つまり事前に地理を研究すれば
 .! .!  ヘ    ゝ,  .ヘ  ゛ ゛==-''″        .k - . ヽ:ツ  ./  ./     /  .|.!    相手がどんな政策をとるのか
  !.!   ヘ     ゝ、 .ヘr '" "" ' ヽ    ,      ゛ '' ''″ ./  /      /   !
  ヽ    ヘ      ゝ, ヘ- ,, ,, -″.    '    r '" "" '.ヽ./ ./       /
       ヽ     , r ーく゛_ー .、  .f ' ー -、t  ゛ー -- 〆/ |       ./  ――それが分かるって事さ。
      , ヘ   /   /  ゛ 、)  .!      !       ./ '"!    ., /    事前に分かればいくらでも対策がとれる!!
     /  .ヽ ./   ./   ./"' .、 .ゝ,   ノ       /. .゛T    !.ノー 、
     /    Y   /    /   .y'. 、   "     , ィ /!.!. . . . !    !'   ヽ
    /     .|      /   /  .ヽ  _ _ , - '" // ! ! . . . !   !    .ヘ
    /      ゝ、       /  /リ'./,、v 、,ヽ  .// .!  |. . . . !   !     ヘ
    |       .ヽ、        .r///i' " ゛.! !ヘ // /  .|. . . . .!  .!      .!
    |        ! i' 、      .|レ'ヘ   ∧ヘ v././   | . . . . .! ./       .|


948◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:15:36 ID:Bt1rffgg0

            . :‐-v'´: : : : : :\ー- 、
         ,r'´: : : : : : : : : : : \: :ヽ: : ヽ
      /: /: : : : : : ,:.、: ヘ; : : ヽ:. :.Y : .
       ,': :i : : / : ;仆'^∨: :i: :} : |: : :|: : : :':,  ――地理を研究すれば合理的かつ有効な施策が
     /: : i : : i!: : |     ∨:i_;ハ斗-‐|: : : : :′   すぐにはっきりするという事です。
    ': : : |: : :ハ:. !    }/}_jェェハx:| : : : : :}、
   /:/: : :ハ: :| ィ从⌒   / 〃仗沁从: : :|: :ハ\___
   //|: :i: : :ヽ| ,ィf云气    忘以 7: : ハ/: :}'¨ ̄ ̄ ̄ ⌒\、 -‐=  ――国力を無駄に損耗させず最良の
   i{ |: :| : : i | 从茫以   ,   ー=彡:./ ノ: :∧    __r 、/}i|: : : :    方策を考え実行する事が出来るわけですね。
      |: ハ: : 从⌒           , /:/!´:.リ/: : \r'¨´   ∨:.|‐-ミ
     〉: :ハ : : :ミ=-    ー ''"´ / 八: :/ : : : {´       ∨   }
   //\ハ : トヘ         ,.イ: : : : -=彡| r-、__      \ ノ:
  / /  / : }/: : :∧>‐- ...,,,_/ |:{\_;.ニ=イ\ヽ_} `ー、    \
  \{  /:/∨: i| : : :∨》,       |`ヽ、     `′ ー=\
     /:./ |: :从: : :/∨》ー-- 、 八  ヽ=- 、         ヽ
    ': /  j:/// ̄``V:》,  / |_   〉  ト}   \__       ヽ
   /: ,'  j/      ∨:} ∧ :| ` ' i  /      冫‐-,_  ヽ
   ,: : i /     \  }:.,'``ヾ\  /,イ__  \{    /   ̄~
  ,': : i/ ̄\      ∨:/     `⌒>く/////\   ヽ  /
  !:/       \   /://    ///|\/////\  ∨
 /      /._ヽ/: /       <////|   ̄ ̄ ̄   i⌒  ‐-
'´        /}:ハ {: /::.      \//|   ',      ,'
      /:∨: : ∧ ',:{、::.        ∨    }      /
    /\: : : :/: :∧V》,:::.、           {   /
   〈   /:\: : : : :∧V:\` 、___     斗 /{
   ヽ /: :/{ ー-: :∧` ー-、          /    ∧
    ∨/  ゚。: : : { 〉           |    {: :\


949◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:21:46 ID:Bt1rffgg0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \  ――どっちが正しいんだお?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/  ――どっちも正しくてどっちも間違っている。それ以前から先駆者はいるものの
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/      事実上地政学の創始者と言うべきマッキンダーもハウスホーファーも
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、  ――ともに『地理決定論』は間違いであると
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、  認めているしな。要するに地理がすべてを決定する。
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、 人間の他の考えなど地形や気象条件の前には
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ カス同前、すべて地理が決めるという考え方は極端
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|    過ぎであり間違いだ。
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ   とはいえ、影響が甚大である事は間違いないと言う考えだ。
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ


950◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:22:18 ID:Bt1rffgg0

                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ  ――だが、同時に『地理決定論』は多くの
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|    地政学者や論者が陥りやすい罠でもあるな。
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,  ――おまけに第2次世界大戦期間中
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ   ナチスドイツや大日本帝国陸軍拡大の大義名分用理論として
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、  或いは都合のいい道具として用いられてきた歴史の存在もあり
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、  『批判地政学』と言う学派も存在する。
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://


951◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:22:59 ID:Bt1rffgg0

    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}  ジャレド・ダイヤモンド『銃・鉄・病原菌』 『文明崩壊』
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人 
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /  ダロン・アセモグル ジェイムズ・ロビンソン『国家はなぜ衰退するのか』
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::

<============================================>
 > DIO「厳密には地政学者ではなく生物学者であるが、地理が人類の歴史と文明のあり方に与えた
 大きな役割に注目した人物で特に有名な一人と言えば『ジャレド・ダイヤモンド』があげられるかもしれない」

 > DIO「ダイヤモンド教授の名著『銃・鉄・病原菌』と『文明崩壊』は非常に地理決定論的な認識で
 世界史を分析している本だ。もっともダイヤモンド教授本人もまた地理決定論レベルの極端な意見は
 間違っているといると考えている様であるがね」
 > DIO「そして、ダイヤモンド教授とは真逆の主張しているのがこれまた地政学者ではない
 『ダロン・アセモグル』や『ジェイムズ・ロビンソン』の著書になるな」


952◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:23:12 ID:Bt1rffgg0

            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,  ――世界史に強い関心があって地政学と言う学問に
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,     興味がある人は一度はDIOがあげた6冊を読んでみるとええかもな
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./:/  v:.:.:l:.:.:,、: :',> ヽ!.:.:.     |
         l.:.:.:.:|.:.:|:.:!':/ \  \ト、ハ: :.';^ヽl:.:.}   _ 人 __
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:l'三三     三三 l,:.:.:l:.:.l    `Y´
       V.:.:.:l.:.|.:.l       ,      j:',.:.l:.:ハ.    |
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l
           Ⅵ.:.,、ト.   「 ア   ィ:.:l.:.ハ:|  ――ダイヤモンドは地理が与えた影響を強く主張し
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|     それに対し、アセモグルやロビンソンはそうではなく社会制度の問題
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `        であると、地理の影響を過大評価しすぎだと主張している。
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_       どれも地政学の入門書でもないただの歴史の本やけど
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ     地政学って学問の性質をなんとなーくつかめる事になるんや無いかな
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|


953◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:23:51 ID:Bt1rffgg0

                       ,..-――― -. .、 へ
                  , . :´: : : : : : : : : : : :/: : : ヽ
                 /: : : : : : : : : : :/⌒'´: : : : :、: `,
              /: : : : : : : : : : : ::,': : : :l : : : 、: :ヽ: ',
                /: : : : : : : : : :: :: ::i: : : : |: : :l: :ヽ : i:.:i
               .: : : : : : : : : : : : : ::|:.: :: ::|: : :l、:.:.i: ::|=|
           i: : : : : : : : : : : : : : |:.: :: ,:|-:十i: :|!: |=|
           | : : : : : : : : : : : : : :l:.: :: ::|: :/ !/:l/l:.:|
           |: : : : : : : : : : : : :: ::',: : : :| , -=丶:.:.l:.:|
           |: : : : : : : : : : : : : : ::',: : ::l    ヽl: :|
           |: : : : : : : : : : : : : : : :',: : :l      八 !
               l: : : : : : : : : : : : : : : ::',: : ! Lノ / l ::l
             l: : : : : : : : : : : : : : : : :',: :l--‐i:´: :|Vl
            l: : : : : : : : : : : : : : : : : ',: !   |ハ/
             从ハΛ从jハノル'ヽ、|ハΛ|、
            /  {            ,>、
              /   ヽ、     _ -‐= ´   \
           >、     \-‐ ´         ___)
              /  `iヽ、             -‐ ´  _\
          /    |  ` ー――  ´    /   `ヽ
                  |            /     |
        /      |              /       |

<===========================================>
 > はやて「地政学は言うてみれば、『リアルMAPチェス囲碁将棋』やね。将棋盤に
 『ここは進入禁止でーす』とか『ここは変則ルールで移動するマス目でーす』見たいな部分がある状況や」

 > はやて「チェスや将棋、囲碁に定石があるように、地図上でそういうゲームをする以上、地図にも
 そういう定石があるやろって言うもんやな」
 > やらない夫「ふむ、具体的にどんな定石があるだろ?」


954◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:24:10 ID:Bt1rffgg0

                    【敵国E】  【敵国F】

                 山山山山山山山山山山山山山山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山   【敵国C】
       【敵国D】     山      【国家】       山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                  要塞要塞要塞要塞要塞要塞

                    【敵国A】  【敵国B】


<============================================>
 > DIO「そうだな、こういう状況を想定してくれ。山の中の国は敵国に囲まれている。だが、山と言う防壁に
 よって、注視するべきはAとBの2国だけで済む」

 > DIO「ところがだ、当然だが、こんな状況を長く続けていれば山の国もいずれは疲弊する」


955◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:24:36 ID:Bt1rffgg0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|  ―― 『内線戦略・外線戦略』 ――
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

<===========================================>
 > DIO「地政学とはちょっと違うが、軍事学の基本的な考え方として『内線』と『外線』と言うのがある。
 まぁ、要するに1対1で相手をぶん殴ろうとするのが『内線』。それに対し多数でぶん殴ろうとするのが『外線』だ」

 > はやて「それはちょっと省略しすぎやで」


956◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:24:54 ID:Bt1rffgg0

            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,        【内線戦略】
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./V ` v:.:.:ト、:ハ:.',> ヽ!.:.:
         l.:.:.:.:|.:.:|.:.,:汽トミ  \l 汽ト、',^ヽl.:.:.}  ○→→拠→→点→→敵
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:リ__)jr:}      _)jr} リ,:. :l:.:.l
       V.:.:.:l.:.|.:.l ヒ::ソ   ,  ヒ::ノ .j:',.:.l:.:ハ
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l          \↑/
           Ⅵ.:.,、ト    ‘ `   ィ:.:l.:.ハ:|          ←○→
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|          /↓\
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|

<============================================>
 > はやて「内線って言うんは、1本の線を描く様に拠点だったり後方連絡線が伸びていたりして
 相手を叩く戦略や」

 > はやて「史実におけるわかりやすい代表例言うたら、ドイツ帝国のシェリーフェン・プランやろうなぁ」

_____________________________________________

 ・:【後方連絡線】
  軍事用語。要するに兵站やら脱出路やらそういう道。補給用の道路だったり道筋だったりする物。
 すべての軍隊は必ず後方に後方連絡線が伸びている。

 これを寸断された軍隊はカンネーになったりガ島になったりする。

_____________________________________________

 ・:【カンネー】
  ハンニバルとかいうチートなおじいちゃんによるカンネーの戦いの事。
 両翼包囲撲滅やべぇぞ。余りのヤバサにドイツ軍はカンネーを目指すことを意識しすぎた。

 ソ連軍に至っては両翼二重包囲とかいう訳のわからんレベルへ…………

__________________________________

 ・:【ガ島】
  飢餓の島、カダルカナル。


957◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:27:38 ID:Bt1rffgg0

         。s≦ "⌒`-ー 、
     _,,≦"           ヽ
   ,,-"/              ヽ
  "  /  /     iトrヽ  ', '    ',
    (  /  /   /7`"i ヽ '、 ',   |
    ' ir7 トx''''''ス   ',.ィ''^ヽイ|  /
     | |!{ /V!_,灼ェ    "灼ュ.!.|  人
     i i ヽ! !ィ 沁リ    .沁ソ! | /ハ )  ―― ドイツ帝国 ――
     / ハ.V| }、          j"| /  ソ
    // ! | |ヽ   、 ,   ,,/! |/ ./
   〈 |  !ハ| |_,,,≧ュ,,   イ;;;;;! | ノ
    ゝ,  ゝ| |ヽ;;;;;;r====ヾ;;'! |"
        | |人;;;/三三三ミY.;! {,___
     __,,,ィ| |: :ヽ仁三三三7: : ', ',: : ≧ュ、
    /: : : :! /: :c*==-----==*っ', ',: : : : : X
    /ヽ: : :!/: : ::ハ: ',三三/: :ハ: ::', ',: : /: :`,
   /: : :',: :,7 : : : ⌒: ::',.三./: : ⌒: : :', ',V: : : : : ',
 /-: : : V/: : : : : : : : :`v": : : : : : : : :ヽ}`-: : : : `ゝ
イ: : : : : : :i.!: : ; ; ; ; ; ; ; ;!||i; ; ; ; ; ; ; ; : : !!: : : : : : : :`,
: : : : : : : : !{ヘ:; ; ; ; ; ; ; ; ハ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.i!; ; ;: : : : : : : ',
: : : : : :rー!{-+; : ; - ": /三',` - ; ; ; ; ;ィ"⌒ ヽ; : : : : : ヽ
: : : : /   ヾイ; ; ; : : : / 三 ',: : : :; ; ; ;.j    ヾ: : : : : : `、
-、ノ     ゝ; ; : : イ三三ミュ: : : : ; ; ;{ ィ-ーイ: : : : : : : :〉
: : :` ≧ュ__ 〈; ィ"ニ三三三三ニュ、; 人/: : : : : : : : : : : :/


                   -‐===‐-
                 。r≦          `ヽ
              ィ(                     ゝ-、
           /   /              \ \
              /                〉  ∨
         /     /   |`、._/.|           /    ',
         /〉       :|   |            {
      / / /       .{ |   | |   |     |     }
      {/  ,'  /  .|  ∧|   | |! :.∧.: ..|  |    |
      |   .{ 八.  i   ¨ ̄   `∨|  ̄`∨ |  i_   } |  ――うーん、北はロシア西はフランスと
.          ! /  \  {了Vツ    弋ツ ア\.!  ! `、 /     敵国に囲まれているなぁ……もしも戦争になったら……
.            レ    }  {  ¨ _ノ    ` ¨   }|  |_ソ   .|
                ' ,  ヽ     u ./l  .!
                 /  | \  r__ っ       | / ! |  ――うーん…………
                  / |  |≧s。 __  イ /  i {  | |
                / / .|  |-‐‐_}    r ,'   ト __  八
            { / ...|  } : : |ニノ>‐-|::{    |: : : : :ア
               八{   ノ  ∧ : : 〉ニニニ|::|   | : : : /
                >/  / ~∨〈ニニニ.|::|    .i: : /::フ
              /:::/  /: : : :}::/ニニニ|:::i   |/: :イ: :h、
            / : : ,'  / :: /:: |iニニニニ|:: |    |: : : : : : : : :)ix
             /: : : :{ ,': : :/:.:..0ニニニ.0:: |    l: : : :/ ̄: : : :\
          /:.:.: : : | { _.: : : .八─‐/.八:: |    |: /: : : : : : : : : :∨


958◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:27:56 ID:Bt1rffgg0

          __
     . .=='´   ,、 `´,、 ̄ \
    ,:/  /  .ィ./' ヽ / ヽ ー、 ヽ                  「`l
  〃  .'  / /   /゙''ヘ 、 . ト、 `.            へ   └┘   へ
  /   / ー=ァ´ |i:.  |   ! i|.i |  ゙l }            ヽノ  ´ ̄`ヽ く_/
  !   ヽ /i ィ 卅、‐ト  !ィナレト、 !. {               {     }
      '. !ハ トィ処ニ符゙  ノ仍尓ゝイ r゙、         ┼┐   ヽ.|~~~~|丿
       }. |.ヽトゞ一′  `゙‐チイ,イi. }、      ├‐o  | |     ├─┤  ―  ヽ
        ( ト!. ヾ、  、 ′,  .イ ハl/       └‐        ├─┤      /
      r、ヽ! ヽ マ> __ イ`j /、〉  ,、              .└─┘
      |jヽ !__,j::ヽⅥー‐一jV./:|__〉 /']
      V}、!/}:ヽ>:! !-=_ .-「//.´ r、:゙j/ i
      !ヾ、ヽ※jノー、 ィi//.:※| j/'//  ――どうせ、ロシアの熊野郎は足遅いし、
      ∧ ヽ! VV======{ {=VV !, ,::、    現地軍で遅滞戦闘。
      j::ハ  ノ^::::.\V/ヾ:、:^{   ハ::!
       |::!/\.ム ::::::::::.V.:::::::::ヽ::,ゝ_ヘノ、|  ――主力を全部フランスに向けてフラカスをぶっ潰す!
     ノ:/\__/、::i:::::ノハ::ヽ.:::i::イヽ._/}    返す刀でロシアへ全力を注ぐ! これだ!!
    /.:/.:::::::::イ.::::|::::::/. ヽ:::::::|:::ヽ::::::::::::{
    ,/.:::::::::/イ:::::|::::/ >ヽ::::!::::」}::::::::::::ヽ
    !::::::::::: /´_T´ ̄/    `イ_ ゝ、:::::::/
    `ー‐ '゜/<ノ. < .   /   Vヽ  `¨
      /.:::::.>‐-、./  ,ィ‐<::::: \
     く:::::::::::::::::::/┌==┐、::::::::::::::: >
.     /ヽ::::::::::::/イ|゚.-   |ヘ}:::::::::/、
.      /.::::: \//、∧   /〈‐'ヽ/:::::::ヽ
    /.::::::::::::/ ./  i \/i ヘ  \:::::::::::.\
   /.::::::::::: / ,イ   l    l  ゙、   \:::::::::::.ヽ

_____________________________________________

 ・:以上、シェリーフェン・プランの大まかな概要。


959◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:28:31 ID:Bt1rffgg0

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ             \↑/
              |~~~~`ツ                 ←○→
              `ヽ,                    /↓\
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´   _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )

<============================================>
 > はやて「まぁ……見ての通り、そして聞いての通り、シェリーフェン・プランは内線に基づく作戦や」

 > はやて「ところで、内線戦略を取ったドイツ帝国は第1次世界大戦で勝ったっけ? 最後は限界と言う事で
 手を上げることになったなあ!」


960◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:28:52 ID:Bt1rffgg0

                       /{
                  /{ /{/ /
             / ̄ ̄ /{/ /{  {_/{
               /   _./ / /    /⌒¨¨¨⌒〉
           /   /{ /  /    /       {
             人__   〈  // / / /     {
.            / ̄ ∧{ 〈  {\/ / /  ノ ̄}人
  ̄ ̄\    / ___l{ V⌒\  }ノ⌒} /   }⌒\   ―― 外線戦略 ――
  ==ミ  }   { イ/ {∧ {  /⌒Lリ_  }==イ}   }
    \}   ∨{{l{ \\{\_, イノ /==イ{  く      ○ →拠→点→
      {    人l{ { tx} } {  /_, イノ } } }⌒\}        └拠→点→
  \___> '⌒>[{   ̄}ノ } /{fモッラ }ノ/   ノ}        └拠→点→
        / { {.      /   ̄   /イ}}            └拠→点→
        ,. イl{ {     L       //l }
      x<三三{∧   ` ==='   イ/}ノイ            ↓
.    /ニ二二二}-∧  `¨¨   . イ-}_}/ ∧          →○←
   /ニ⌒\ニニ/二.人____, イニニニ}_}/ 〉           ↑
.  /ニニ二二\/ニニニニニニニニノ_}ノ /{
  /ニニニニニニ\ニニニニニニ二/  { \
 ニニニニニニニ人____ニニニ/     /∧
 ニニニニニニニニニニニ\/       x≦´ ̄ ̄ ̄

<============================================>
 > DIO「別に内線戦略が悪いとは言わん。弱いというつもりもない。だが、長期戦になった時点で
 内線戦略は今ある資源、兵力しか利用できなくなる傾向があるという事だ」

 > DIO「外線戦略と違って、広域にわたり多方面からの攻勢をかけられる状況にないからな……
 局所的に、戦闘級では出来ても」


961◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:29:53 ID:Bt1rffgg0

                    【敵国E】  【敵国F】

                 山山山山山山山山山山山山山山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山   【敵国C】
       【敵国D】     山      【国家】       山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                  要塞要塞要塞要塞要塞要塞

                    【敵国A】  【敵国B】

<============================================>
 > DIO「つまり、山の中の国は長期消耗戦となった時点で国力的にいつか追い詰められ、
 間違いなく散り散りとなる。それが嫌ならこうするのが手っ取り早い」



                    【敵国E】  【敵国F】

                 山山山山山山山山山山山山山山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山   【敵国C】
       【敵国D】     山      【国家】       山
                 山                  山
                 山                  山
                 山                  山
                  要塞要塞要塞要塞要塞要塞
____________________________________
                    【傀儡A】  【傀儡B】 ←『緩衝地帯(ヴァッファーゾーン)』
____________________________________

<============================================>
 > DIO「このように、出入り口に肉壁を作る」


962◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:30:30 ID:Bt1rffgg0

           ∧ . -‐. : . : . : . : .  ̄`丶/>ヘ',ー.、
.       __  //: . : . : . : . : . : . : . : . : . : \: . }i: : :\
       }l>/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :.\}i: . : . :\__
     /}レ': : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: . ヽ: . : . :.ヽ: . : . : . ヽ`
     /: :/: . : . : . : . :l: :八: . : . : : \: : : : : '. : . : . :l: . : . : l: : l
.    /: :/: . : . : . : . :/l: :| \: :\: : : \: : . :l: . : :...:|: . : . : l: . l
   /: ://: : . : . :.|: / .j: :|   \: ヽ\:ヽ\: :|: . : |: :|: : |: . :l: : |
   //://|: : :l: : . i斗'^        ,ィf弌ぅ 、ヽ|: . : l: :|: : |: . :|\|
 //:ノ /|: :/}: : : |: l ,ィf゚う       ト::)゚ィリヽ|: . : |:/: : :|: . :|
   }: : /|:|:/: |: : ∧:i/ん:::ハ      弋c少' |: . : |}: : :.|: . :|  ――肉壁って言われるとちょっといやだよね。
   |: / .|:|': : |: :/: :i 弋cソ        、、、、、. |: . :八: . :八: .|
   |/  l: : : :|V: : ハ  、、、、  ′         l: ./:∧: ./  ヽ
     八: :.∧: |: :人   r 、_  っ     ィ .ノ:/:/ }:./
      ∨ V}: : |: /i>}/ ,へ、   イ j:V/:/ /    だが、地政学に基づき山の中の国の
            八: :|/__ !  / ハ _.斗‐{          防衛戦略を簡単に考えるとこうするのが楽と言う結論が出る >DIO
            ∧!  _|    ' /´     》──--、
          _/    |:::_}   .|ー─--<       |
        /___  i }∧   ノ:::::::::::::::::::/ /     |    あくまでも、簡単に考えると……である点がみそだがな >DIO
        V    /  }.  イ l\::::::::::::/ /     :|
       rヘ   xヘ    ∨ | |:| \/_/      人
       /_/   '、  _ヽ | |:|   ./   - ─   - 〉
.      /        ヽ/// j/  〈 / -‐   /


963◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:31:08 ID:Bt1rffgg0

                       ,..-――― -. .、 へ
                  , . :´: : : : : : : : : : : :/: : : ヽ
                 /: : : : : : : : : : :/⌒'´: : : : :、: `,
              /: : : : : : : : : : : ::,': : : :l : : : 、: :ヽ: ',
                /: : : : : : : : : :: :: ::i: : : : |: : :l: :ヽ : i:.:i
               .: : : : : : : : : : : : : ::|:.: :: ::|: : :l、:.:.i: ::|=|
           i: : : : : : : : : : : : : : |:.: :: ,:|-:十i: :|!: |=|
           | : : : : : : : : : : : : : :l:.: :: ::|: :/ !/:l/l:.:|
           |: : : : : : : : : : : : :: ::',: : : :| , -=丶:.:.l:.:|
           |: : : : : : : : : : : : : : ::',: : ::l    ヽl: :|
           |: : : : : : : : : : : : : : : :',: : :l      八 !
               l: : : : : : : : : : : : : : : ::',: : ! Lノ / l ::l
             l: : : : : : : : : : : : : : : : :',: :l--‐i:´: :|Vl
            l: : : : : : : : : : : : : : : : : ',: !   |ハ/
             从ハΛ从jハノル'ヽ、|ハΛ|、
            /  {            ,>、
              /   ヽ、     _ -‐= ´   \
           >、     \-‐ ´         ___)
              /  `iヽ、             -‐ ´  _\
          /    |  ` ー――  ´    /   `ヽ
                  |            /     |
        /      |              /       |

<============================================>
 > はやて「と、同時に緩衝地帯を造らせない事が周辺敵国にとって必要な事だと言えるんやね」

 > はやて「…………まぁ、大体地政学って言う学問の性質は分かったと思う。だから――――」
 > DIO「――地政学を理解するうえで特別重要な概念について触れよう」


964◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:31:22 ID:Bt1rffgg0

    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}  ――『ランドパワー』『シーパワー』
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人    ……そう、大陸国家、海洋国家と呼び称される物だ!
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /  
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::


965◆L/IzBTEirU2017/02/07(火) 01:32:00 ID:Bt1rffgg0

____________________________________

 ・:真夜中なので、今日はここまで。

 今週中に新スレ建てます。続きも投下します。


966書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。2017/02/07(火) 01:50:14 ID:LXu/5mBQ0

深く入り込むとなかなか処理が面倒な概念ですよなー


関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/03/26 14:17 ] やる夫たちで見る2つの『湾岸戦争』 | TB(-) | CM(-)