やる夫たちで見る2つの『湾岸戦争』 やる夫たちで見る2つの『湾岸戦争』  第1部:劫火の開幕 第2章 「将軍――黒いターバン」  続き12


543◆L/IzBTEirU2017/06/13(火) 02:14:39 ID:QyOPe1LM0

            , ゝ-‐― 、
        ,, ' ´       `ヽー.、
    ,.=-,'´               `ヽ.
  ,/,´'´   ,           :         ハ
  /    /    , ,    i   ヘ.     i
  ヘ   //  ., ' /   ,  i  ヘ i!`ヽ、 l
.  ハ  / ./   / .,′ ,イ! i .l   ハ .iヽ.ヾ. |
   | /. .,′  ,′.;i! .;/"!. .! l  ,'. i .|:.ハ、゙、!
   i / i: i.,' __,i`メ_ト、/ |.! :| ! ./ i i .|::. iヾ!|
.  //i./!ノ'i  i'i`´ト'テト` !'!,リノ, ,イ ,!ノ! ト..ノ/i!i
 /.,' |' ヘ!ハ .:ト、!ノ`ー'  i!!/'//'/イ'ノ ノ,i',.'ノヘ.、
.,′! !  \、::|ヾハ     ' /´' .ノ'i,'/!:,ハ|  丶、.
i! ::i!  ,.ゞ、.ト、ヾ.、  ヽ‐ ―ァ /イ' .i!/〉 リ   `ヽ
ヘ:::i!,ィ'.::::::::::::`ヽー=、>_.`    ,. イ,' i!','〉 ′
_ヘ::!::::;:':::::;::-==ゝ―、ヽ三ヽ<-‐!i ::!`ヾー‐.、_
人`ヽ、_,ゝ-'´'´`¨¨ヾ∨ゝ三三 {{! :l┏                                             ┓
 i::`ヽ, ,/ _,.'´  ヾ::ゞ三三 i!! :┃                                             ┃
. i::::/ / ,-‐'´      ヾ:》==イ! ノ┃         突然だが、ドイツ帝国はWW1で敗北した。           ┃
  l::i ' / 、__,==.、.___!:::ヾ=/ヘ.ノ.;:┃                                             ┃
  バ〈/  ノ'/´ ,ゝ=.、ゝ `二メ、'_'_:┗                                             ┛
 ' ∨ヽ_ '`,'  八 ゚ ):`ヽ'"`ヽ、 /.:::::::::/.:::i::::/
   ヽ::::::フ. ,ィ'´ヽ.(::::。::ノ)  i´:::::::::::::'::::::::::|:/
    ,ゝ' ,ィ'´    ` ー‐' `ヽ、ヽ、:::::;、:::::::::::::|'
    ゝ'ヽ;;` ̄`` ヽ       \`´ \:::::/
      ノ三三三= .ヽ、       \   \
     >三三三三 ゝ'´`ヽ.     ヽ    \
     ,>三三 ゝ'´_ _    ヽ.      ヽ   \
   ノ´〈メ;;;ゝ-‐'´(´⌒_)`ヽ、 ヘ.      丶     \
 /.::::::::-=._<´;;;;;:ゞ(´__ノ'`ヾ=、ヘ.      ヽ     \
'´.::::::::::::::__`).::/.;;;;`;;;;;;;;;;;;__,ィ->,ヘ.        ヽ      \
  .<´.:::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ' /´/}ヘハ       ヽ.       \
<.:::::::::::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/=≠彡'ノ;;;;!::.         ヽ      \
.:::::::::::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;:/,ヘ  ≡/;;i;;;;|:::i!           ヽ       \
::::::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;:/:::/.;;;ハー―'!;;;;l;/!::::i!         ヽ       \
::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.::::::/;;;/;;;|;;;;;;:;;!;;;;|;;;|:::::i!          ヽ         \



544◆L/IzBTEirU2017/06/13(火) 02:15:06 ID:QyOPe1LM0

          ,.-vノヽ_ ノl/l  ノl 人
.          /  ,、  ´,v、` ′´^  ´  ゝ、
         / ,////////丶\////\   ヽ
.     γ´i| 〈/////∧//∧ \////\ ,{
     {  // /////∧/////\////\彡く
     乂>/ /////∧/\/z≦ヘ∨//////∧
     / ///(/(八彡x≦/=、 リ ヾ//rー、/i
.     {////く三≧V//´tもソ   }//n }/}  ――八神はやてちゃんは進化心理学を用いて、DIOは
.     ゝ///∧イtぅ} `ヾ::::::::::..     ヽノノ//{    地政学を用いて、アラブとペルシャの対立の構図を説明した。
     ´~`~∧ .:/ ,..、 :::::     i::'ーイV/l
            `ヘ ヽ`ー='  .:.:.     ,::  .:. V|
.            ,  f=-     /::   .:./  ――けれども、僕はこう考えている。
           丶  ..:::::::.    /.:/   /    彼らの言葉は『半分正しく半分間違っている。そんな単純に整理出来る物じゃ無い』
            ヽ  .:.::  /::/ ,. ´ ,/
                 〉ー=≦:::/x<   / .::
          ,.<  ヽ .://   ,/.:::::::
.           __{li、  `ヽ:..∨    ,/.::::::  x
    ,. ´ ̄/∧   `Y /   ...::::::::::: x<//
   / // ∧::.\_ |/ ____,.< //


                ノ)     _  _
          /イ~イノ´.: : :イ´. :∠   ノ}
.           /.: : : : : : : : : : : : :. :. :. :.`ー: :ノ
        /   人ノ}: : :.{ ̄ ̄ゝィ⌒}: : : : : : /ノ)
     /(γ´.: : : : : :. :.フ ー 、  ーイ: : :.彡イ
.     {: :ヽ ノヽイ: : / 彡: : : .ヽ   { : : : : ノ
     _ゝ: : フ  |: :/ハ ´  ̄ミ : : : . `ヽ\: : ゝノ
.     ⌒7/  ,ハノ: : : . \ ー=彡: : :ノ  ミ: : :.く
      {ハ/`. : :rーハ:. : : :.、:.,.へ: : : : ; -、⌒.: : : :.}
      ヽ.: : :. :.ハ  }:.ハ>>寸ヽ: / ,ィ }: : : : : :
.       ゝ: : : ム{ ィリ斗≦、   {...}/ ノハ: :ノヽ: :  ――故に、僕はある興味深い事実を下に
     人: : : :tj}jイ::㏍怎ィ   ヽ}く_/\Vヽノ: :    はやての言葉に『疑問』を差し向けよう。
.         )ィ)ノV  }: : . .       |::::.   ',V: : : :
           〈 _,,   : : .    j:: i::.   ',V: : :
            `i、_        イ::: l::.   ',V: :  ――DIOの地政学にある種の『反逆』をしよう。
            こ, ̄     /.::::  |::    ,V:    さぁ、ちゃぶ台返しの時間だ。
             {    /.::::::::   j::.         僕が考える、アラブペルシャの対立の構図はもっと
              ー ィ.:::::  .:::  /:::::.   ,.。o    わかりやすくて複雑な物。世界中に広がる構図……そう
         ,.ィ/´   |   .:::  {:::::。o≦>'゚´    それは…………
         //   /ニ|  ..::::.。o≦>'゚´ /´
        イ/   /´ ̄ノ。o≦>'゚´/   / /
.     /7   /(。o≦>'゚´   /   / /
     , /   (ニ>'゚´     ./   / /


551◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:06:42 ID:MQ4q19dQ0

                   -‐===‐-
                 。r≦          `ヽ
              ィ(                     ゝ-、
           /   /              \ \
              /                〉  ∨
         /     /   |`、._/.|           /    ',
         /〉       :|   |            {
      / / /       .{ |   | |   |     |     }
      {/  ,'  /  .|  ∧|   | |! :.∧.: ..|  |    |
      |   .{ 八.  i   ¨ ̄   `∨|  ̄`∨ |  i_   } |
.          ! /  \  {了Vツ    弋ツ ア\.!  ! `、 /
.            レ    }  {  ¨ _ノ    ` ¨   }|  |_ソ   .|
                ' ,  ヽ     u ./l  .!
                 /  | \  r__ っ       | / ! |
                  / |  |≧s。 __  イ /  i {  | |
                / / .|  |-‐‐_}    r ,'   ト __  八
            { / ...|  } : : |ニノ>‐-|::{    |: : : : :ア
               八{   ノ  ∧ : : 〉ニニニ|::|   | : : : /
                >/  / ~∨〈ニニニ.|::|    .i: : /::フ
              /:::/  /: : : :}::/ニニニ|:::i   |/: :イ: :h、
            / : : ,'  / :: /:: |iニニニニ|:: |    |: : : : : : : : :)ix
             /: : : :{ ,': : :/:.:..0ニニニ.0:: |    l: : : :/ ̄: : : :\
          /:.:.: : : | { _.: : : .八─‐/.八:: |    |: /: : : : : : : : : :∨

<============================================>
 > 諸国のお偉いさん「「「えっ、あの、ヨーロッパ統合の話は何処へ行った……?」」」

 > 2人「「ちょっとまってて、こいつをころせない!」」


552◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:07:03 ID:MQ4q19dQ0

               -‐……‐-
                    |    \
.         /    / /    / |   u . \
.         , ′     ./ / /}./ |       \
        / /  u . /.//  / u .ト、 ト、 ヽ. ヽ \
.     ,′    /\__ノ!   |ヽ,_/  u .', ̄ ̄
.        | | /| ,x==ミ、 | u ../x==ミ、  !   ! !
.     | | |   |〃_)/ハ | / ' _)/ハV |   | |
.     | | | u.《 V:(ソ ,ノ/u .V:(ソ人/ u .i| |
.     |./| |  |i: : :u : :/: : 、: u: : : :.∧  l|八
      / | |i  从 u         u .:::| i| l|
       / ノi  i'  \  /⌒^^⌒}   人i. i| l|
.      // l  |  \.}_└‐-‐-ー┘ イ:::::::::i| l|i
.    /〔   | /\  V>。._  。< : |:::::::: リ 八
       \ |./  -‐‐- 、u./¨:::::::::::/|i::::::/{ /
.        ( ̄/ u    .\{::::::::::/ ,八::::{ リ
.        }/         Y ̄¨\    \

<===========================================>
 > DIO「このごたごたに一番困っていたのは、なんだかんだで、フランスだろうな。と言うのも
 フランスはドイツ再軍備を巡って色々とgdgdを繰り返して悩ましい思いをしている」

 > DIO「少し、この時代のフランス人の立場に沿って考えてみたい」



                    -‐……‐-   ,
              ,, ゛           ´ ,
              /  :{  \           \
.              /    j{ i\ \   \       ',
             /   :i :|\{. \___.|_   \
.            /     | :|  ヽ. |\__ ̄ :|     ',   :
           / :|   |,_人.   |  )x=ミメ,.|       :    |
            ,′ | |  x=ミ\ |  _):ハ Yi     |  | |  ―― フランスにとって真の敵国は何処だろう? ――
.          {   | |   {{_)::ハ \{.  ヒ:::ソ 八      :|  | |
            | \ 人V:ソ.ノ /_): : _: : :.//     :|  | |
            |  )〕: : :._/\\/ ) //   :i   |  | [  ―― おそらくそれはドイツだ ――
            | i .八.:/ヽ  ヽ ∨) |    | ∧{.  八
.             ノ |   .∧        :}   |  ./ /  )\ ',⌒
               |   .∧        :| イ.|  / / /   }
               |. ./:::|\       } -‐| ./ ./    />
               | (::::::|  ヽ      |.: .:.|.{/ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄\
               ∧.{ ̄ |  ├┬'´ ̄ ̄| i.     | /     | ',
              i{  :} /\._| i.      |___|/       :| }
              i|  入  }.| | | ̄ ̄ ̄>  [/     } |
          {⌒/  ヽ |.| | |__/ r'´ ̄  ̄ ̄  / /


553◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:15:15 ID:MQ4q19dQ0

          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ー―'  ´∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.::::::::::::::
        | i! l.!  l.::::::::::il:::::L!i! ノヘヾ.Y:::::::::::::::::::}'"  }|i i|ヾ.Y /.::::::::::::::
        | | i|  {:::::::::::||:::::::|i! |、:::ヾ!|::::::::::::::::::ノ    }|i! |ヾハ/.::::::::::::::::
        | ! |!  乂:::::::||:::::::|! i!ミ、::::ヾ!::::::::::::;:'、ー  メ!!| !,ィ'´ ̄`ヽ.::::::
        | :i  |!    >ー‐イ;ハi!|`ヽ゛ー|!―‐ ' _j,,,,,,,ィ ノ`|ノ'´`ヽ. 、ヾ`;イ
        ヘ.|  |!    ,ィ´,ィヘ,ノ!|'ー-《{|!ー ''''´ 〈,,, ,,,',,丿〉,、  ヾ、./
         ヽ. !   rイ‐i´{ i'!|ヘ.、 ゙゙゙》〉!  、,,,,,,j,,ィ, メ/ /´/ 〉ー,__ /
                 ノ_ハ ヘ ヽノ!!ヾ、 /\!   '(,ィ'/t./ノ;;;/_ノィ .〉

_____________________________________________

 ・:ドイツは、二度も世界大戦を引き起こし、そして二度もフランス国土を蹂躙した。
 そして、歴史を振り返れば、大なり小なりフランスの歴史は、ドイツ方面からやってくる勢力との

 戦いの歴史でもある。


554◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:17:17 ID:MQ4q19dQ0

                         -=ミ、…・・・ミ
                     /    -=    ̄`  _ \
                    /      |              \
                 /       |!  .:|   \     ヽ
                   /     / 八   \| ̄ ̄\/ ̄ | ,
                  ,: / /  //   \  .|/7        /
                   : .  / ⌒ヽ、  ` 〈 /7      i |
                     |  | | /  _       〈/\  /   i |
                   ∧     ,ィ '⌒ト.,     〃⌒K、   j
                   Y'⌒j 〃爪( 1       爪( 1 }  v.Υ
                       ∧  乂 ツ      乂 ツ   .: |
                      V  ,       .        ,r_ ノ
                 厂 ̄ ̄:.             厂 ̄ ̄}
                  〔 ̄ ̄ ̄:.    r   _ フ     ,/f ̄ ̄ ̄¨〕
          r ┐        〔 ̄/>.> .       . s爪く  ̄ ̄/
     /^ヽ し'1    ノ⌒ く/>   f ≧ー  〔      _</>、
     「 ヽ {^  j   /   く/」   / ̄\r┐  j_ 〃⌒ヽ ,イ | へ
    「 l f V 〔 ̄.Y            Y: .|     |: 「 ̄ ̄:|ノ    ./└'^1 ト、
   、 ト'      j        .;   |. :.|__/T__../|!  r つ  ,し' /、
     T       /          |. : . :./ / :| 「. : . :.:|!   | ^    レ /
    八   . イ^V    \  ノ   .乂: . L/ o:\j : . :ノ   ト、  )  r_/

_____________________________________________

 ・:それに対し、フランスから見たソ連は、同じドイツに苦しめられながらも戦い抜いた遠い世界の戦友。
 いや、そればかりか最終的にドイツを追い詰めるまでに至ったのはソ連のおかげとも言える。

 そんな国だ。


555◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:20:19 ID:MQ4q19dQ0

            . -=ミ、
           {: :{ >: \ー- ミ
         r‐ 人: :、: : : : ヽ : : : :`: .、
          {/: : :\ヽ: : : : : : :、: : : :\
        . : : : : : : : : ー` : : : : : ヽ: :、: : :
       / : /: : : : : : {: { : : : : : : : :‘,\: ‘,  ―― チャーチルはナチスドイツを倒すためにはソ連の
        {: : { : : : メ、八:从 : : : : : : : i} 、: \      力が必要だとは考えていたが、戦後世界がソ連との ――
         ーゝ: :`トミ、{: { 从_: : : : : リ: : ー==ミ :、
        ー=彡从 込ツ i从 xzミ¨¨` : } : :ハ : :\ヽ}
         八: :ゞ   {  込ツ> } ー=彡人: : :‘,  ―― にらみ合いになる予測だけは群を抜いて立てていた。
      ー=彡人   〈、   ¨¨ /: :/ }: : : : ヽ: : :}    だからこそ、彼はナチスドイツを降伏させると同時に
         { : \ - 、     /: :/: 人:ノ: : ハ/          ソ連とのくさびを打つ秘策を考えていた。 ――
         /:ヽ: :}.ヽ、  -‐彡: :/:.:.:.\:/  }
        /: : イ  {、/: :イ : /:.:.:.:.:.:._ヽ
       ゝノ´:.:.| 人У/. ´:.:.:.:.:≠ ¨¨ ミ、
      / .》、:.:.:.:! /ー{: :{/:.:.:.:.:.〃:/ ̄:.:.:}:.'.
     〈   |:.:》、:.|/ /): :):.:.:.:.:〃:/ト、.:.:.:.:.:′}
          !// 》、_ノ:{:/:.:.:〃/:.:..{ 〉:, イ_ノ


556◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:22:28 ID:MQ4q19dQ0
    ,-~´`、_
    )    `~`ヽ__    /                      、-‐フ
    /          `´~´                _      |  ヽ,ワ
    )                     ,-~、_   __ノ `ゝ、   ヽ,  ヾ                      ,`           、,, ,,
  /                     |    `~´      |     ~|,  ´ヾ                   , !        , - ‐ ´~ ~ `´`´~
.,-´                     ,ノ´        、~|  ヽ_    |,    ~ド-、_                `ヽ  ,,_,,_ノ
<,                  _、~‐´          ヽ |´   ヽ   ~ヽ--ッ    ~ヽッ               ,,`=´--、
./                 /             ,、- ~、     ヽ,-、    ´‐、_,   |        ,,,、-、-‐、_-‐´_--‐´
/                (               `)  )       `ッ_    、 ヽ-、 (      Γ、ツ    i´~~~
`‐~、            ,~`              ノ  |         `‐、 /, ~`-´ \    `ヽ_   `‐i
    |_   _    、-__|                ´- ‐"           ヽ __)     ´-,    "~、   、‐`
     `‐´~´  `~-´                           _ _  _, ノノ       ´_~~ッ _ ト   ~ ̄`{
   / ̄し,_        ,~-__~~_  _ _   __    (_, `‐´ ( `´         (  、_)       `‐_,‐‐、, ,_i―-、,   ,,-‐、,っ
  /      ` ´し,,,-~´~~          `‐´`´ `~´   レフ    ヽ-、_)           (_、 、ヾ            ~~    `‐_=´-、  )
´~                                  )´                      ~ ~  i--‐‐,,           i´__,,,-´  |
                                   く,                           ~~~~~            ´     i
                                    `--、,,__              _,,、                        /´
                                           `‐‐、         ,/~  ~~`-,,,_                  /
                                             ヽ,__     (         `!-‐--,,_    , - ‐ - ,,_,,,_ノ
                                                 ~`‐、_ _,)               ` ‐ ´
                                                    ~                         ,、    ,


557◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:24:16 ID:MQ4q19dQ0

    ,-~´`、_
    )    `~`ヽ__    /                      、-‐フ
    /          `´~´                _      |  ヽ,ワ
    )                     ,-~、_   __ノ `ゝ、   ヽ,  ヾ                      ,`           、,, ,,
  /                     |    `~´      |     ~|,  ´ヾ                   , !        , - ‐ ´~ ~ `´`´~
.,-´                     ,ノ´        、~|  ヽ_    |,    ~ド-、_                `ヽ  ,,_,,_ノ
<,                  _、~‐´          ヽ |´   ヽ   ~ヽ--ッ    ~ヽッ               ,,`=´--、
./                 /             ,、- ~、     ヽ,-、    ´‐、_,   |        ,,,、-、-‐、_-‐´_--‐´
/                (               `)  )       `ッ_    、 ヽ-、 (      Γ、ツ    i´~~~
`‐~、            ,~`              ノ  |         `‐、 /, ~`-´ \    `ヽ_   `‐i
    |_   _    、-__|                ´- ‐"           ヽ __)     ´-,    "~、   、‐`
     `‐´~´  `~-´                           _ _  _, ノノ       ´_~~ッ _ ト   ~ ̄`{
   / ̄し,_        ,~-__~~_  _ _   __    (_, `‐´ ( `´         ↑↑ココ      `‐_,‐‐、, ,_i―-、,   ,,-‐、,っ
  /      ` ´し,,,-~´~~          `‐´`´ `~´   レフ    ヽ-、_)           (_、 、ヾ            ~~    `‐_=´-、  )
´~                                  )´                      ~ ~  i--‐‐,,           i´__,,,-´  |
                                   く,                           ~~~~~            ´     i
                                    `--、,,__              _,,、                        /´
                                           `‐‐、         ,/~  ~~`-,,,_                  /
                                             ヽ,__     (         `!-‐--,,_    , - ‐ - ,,_,,,_ノ
                                                 ~`‐、_ _,)               ` ‐ ´
                                                    ~                         ,、    ,

_____________________________________________

 ・:ノルマンディ上陸作戦ではなく、バルカン半島上陸作戦だ。


558◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:30:29 ID:MQ4q19dQ0
         √  _ア.弋  .}            { _У。Ⅵ _,,.ノ     {
         ′  .{   __〉  V         _〕〔C乙└く     .ノ
       く_,,.. ノ__,ノ^′  {__     ___ _〉 廴,_rz,. 。s≦`ー┘
               え,,__    _〕   /⌒^          ↑↑
            r≦_r气____,,戈 __,rく             ↑↑
               ______ノ⌒^′
          r‐‐ヘ__} ̄\                  ↑↑
              \_                       ↑↑             
            ]                                      _
               〉                                       /
   r‐‐  ..,,_    {                ___       ↑↑           _j 
    .〉     ^⌒''*=┘           _     {⌒V}     ↑↑        /  
   {              r‐‐ 、__ /⌒ヽ   ト、 .乂              ,′  
   /                  _j      r┐人   V  ^''*、               {      }
 /            ,.,*''”        V   \  \__   ヽ             ≧xr‐
 7              /          rヘ     \_  `ヽ、  }    rzrヘ{⌒7く_/
_└‐┐        >   C ゚       ノ }      ^ヽ .r‐、> V   乂,,__   乂
   八_,--=z,,__r‐┘          `ー′       .〕 〉    \____<^  _戈_
    ヘ,__       ___     __     r‐=‐ヘくノ      く⌒ r㍉ c 。 く_   
  /  `^⌒ー=≦ ̄ ̄    `´ ̄  ⌒>x.  ^⌒\〉          トfN} 。 ゚ c `^ー
                         〈     Mediterranean   r-=┐ rj  
                           冫                 ⌒^´    
                               廴__                     
                              ̄ ̄

<===========================================>
 > DIO「バルカン半島から上陸してベルリンを目指す。ドイツを降伏させ、ソ連の拡大を抑制する楔を
 打ち込む。それが、チャーチルの秘策」

 > DIO「WW2の頃からすでにこんなことを考える程度にはチャーチルはソ連に心を許してはいなかったが
 フランスは少し違った」


559◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:36:35 ID:MQ4q19dQ0
      /                                   >.  `ヽ               ,‐-. 、__
.     /                                /     \          ,ゝ―'´   ` ゙ <
     /     ./           !              /     /           '.,       , '´         、 -`丶、
.    /     ./           !            /     /          ハ     ,.′,  . .        `ヾ、ヽ`ヾヽ、
   |    |            |          /    イ          |.\::',   / .,/  !i  :  i i、 /!  、ヾ、ヽ  `ヽ
    |    |            l       /     <,                |.  \  . /  ,''  !l  i  :l !゙"""!i  ヽ.、ヾ、
    |     |           |      / ,,. ''´  ,   i         │    . !  ,',i  .ii!i  !  i !  u !i!  i 、ト、 ヾ、
    |     |             И/! //:::::::!   /:|    }             |     . ! ,'i/!  !i_!、__i!i i!i    i!i  l .ilヾ、  }
    |     |   |     l.  |. ̄丁7==-‐匕 /::::i.   ∧.ミ‐-―十   |. i     . ! ir-!__,ェi二ニミ‐!! ィニ三´! i! ヘ.i ./
    l     i  |     |.  l:::::天示テ==テ:::::::|  /::::i./i  :∧l l.   |. !      !i.(ゝ!i `匕乃ヾヽi!! 乞万¨ゞl‐i! ヘi i
    |.    /   イ      |.  l. く   トイ:::::ci ´::::::::: !. /::::: !z==癶, ! l  N     ..ノi iヘメ!! .i、! ̄     ¨¨¨リ ノ!'!i!i i!.!
    |   /  / .!      ト,  !    辷:::::::ノ  :::::: |/ ::: ん::/ / lイ.   !      ´iノ !i!i`i! i!iヽ    ′  ´iノ!'i ,'ii! ノ.l
    |.  /../い'.|     ! \',           :::      辷/  ,/:i.  ∧      ノi 'ノノ,'il! i!i、  ― 一  ,.イi| !' .i!i´ ヘ
    | ,'/  .ゝ- |      |!  \                 / | /!\      乂'_i|i i|!i≧ 、  . <ノノ!i ! i!.! ノ
    i/ : : : : : : :i      |i                 i         /  .|./.:|        ヽ:.(...、iトi、i!i__ `;i`ヽ、丿!i! !  !/
    |   : : : : : : :.i.    从            ´        人.: : : │       _≧ト、::ii ヾ.ヽ::i| ,'、:::.. /:`ヽ,i!  !i
   ∧  . : : : : : : :.!.    i  \          r― ,      /: : : : .   |       ,ィ'`ヽ:::ヾ!i::::゙、 ヽ! !ヽ:::i`ヽ/、i!i  ノ'
.  / ,',... : : : : : :::::..    l             ー '   ./:!| : : : : :  /       ヽ.:::::ヽ::::ii:::::::i! i|!ゝ'ーヽi、::::ヾ、iヽ、
.. // i. . : : : : : : : :ヘ   !      >        /: :N:|: : : : :. /        ::::i::::::::`:::i!:::::::i! ヾ.   i:::`7::i`.i!:::::i、
/    |. . : : : : : : : ::∧ |         ≧ー- ': : : : │.|: : : : : /         :::::!::::::::::::i|:::::::::i i! !   !:: /::::ヾi!:::::!:!
.      !...: : : : : : ::.:/ ヽ. .!            / : : : : :ミ: : : .! .|: : : : /         :::::!::::::::::::i!::::::::::ヾ.i! ヽ. i:/:::`ヾ.!::,ノ::!
     ゝ .: : : : : : /   `|         i : : : : : : : `ヽ | .|: : : /          :::::i:、::::::::ノ:;'::::::::::i !!\У.:::::::::::ヾ.、::ノ!

<============================================>
 > フランス「ソ連の脅威、ソ連の脅威、ソ連の脅威っていうけどさぁ……僕らに対して実際に手を出したのは
 ……ドイツ君だよね……。それも何度も何度も徹底的に」

 > ドイツ「うーん……何も言えん」


560◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:36:51 ID:MQ4q19dQ0

                _ .. -―─── - ..._
              _ ´              ` .
             . ´   ヽ                   \
            /                 \       ヽ
             /         ヽ  ー\ト  \     ’,
         /    ∧    `ー、―   ヽ|   >      !  ヽ
           /イ   _!_|ノヽト、   |__\__  \         !  ー、
         |  | ィて ヽ   | |:::|´\ゞ 、  Y′    |   ノ
         |ヽ ∧| |::|   \| |:::|      |\ノ   /  |
           .  ヽ!   し      `    ////   / }   |    |
           |   !///            /   /ノ,  |  ノ
          .   !              / / / /    |  く
           !   、               イ  .' /   |  ヽ
           |   >   ヽ      ´ | / .′ -― ’   ・
             !  / ヽ  >‐r-‐≦──┤∧ <  ⌒ヽ    {
           ! /    \ト | ┏                                             ┓
         も レ′       _≧_┃とはいえ、ソ連の脅威とやらについて本気で考えないといけないことは   ┃
          じ    r ´: :_: :_:_:┃ちゃんと理解している。                               ┃
        も      /:|: : i´| ト、 ┃が、それを口実に安易に西ドイツの再軍備を認めていいのだろうか?   ┃
          じ     //j⌒r '| | |┗                                             ┛


          ,‐-. 、__
      ,ゝ―'´   ` ゙ <
    , '´         、 -`丶、
   ,.′,  . .        `ヾ、ヽ`ヾヽ、
  / .,/  !i  :  i i、 /!  、ヾ、ヽ  `ヽ
. /  ,''  !l  i  :l !゙"""!i  ヽ.、ヾ、
. !  ,',i  .ii!i  !  i !  u !i!  i 、ト、 ヾ、
. ! ,'i/!  !i_!、__i!i i!i    i!i  l .ilヾ、  }
. ! ir-!__,ェi二ニミ‐!! ィニ三´! i! ヘ.i ./
 !i.(ゝ!i `匕乃ヾヽi!! 乞万¨ゞl‐i! ヘi i
..ノi iヘメ!! .i、! ̄     ¨¨¨リ ノ!'!i!i i!.!  ――……とはいえ、うちも割れてるしなぁ……
´iノ !i!i`i! i!iヽ    ′  ´iノ!'i ,'ii! ノ.l
ノi 'ノノ,'il! i!i、  ― 一  ,.イi| !' .i!i´ ヘ
 乂'_i|i i|!i≧ 、  . <ノノ!i ! i!.! ノ
 ヽ:.(...、iトi、i!i__ `;i`ヽ、丿!i! !  !/
 _≧ト、::ii ヾ.ヽ::i| ,'、:::.. /:`ヽ,i!  !i
,ィ'`ヽ:::ヾ!i::::゙、 ヽ! !ヽ:::i`ヽ/、i!i  ノ'
ヽ.:::::ヽ::::ii:::::::i! i|!ゝ'ーヽi、::::ヾ、iヽ、
::::i::::::::`:::i!:::::::i! ヾ.   i:::`7::i`.i!:::::i、
:::::!::::::::::::i|:::::::::i i! !   !:: /::::ヾi!:::::!:!
:::::!::::::::::::i!::::::::::ヾ.i! ヽ. i:/:::`ヾ.!::,ノ::!
:::::i:、::::::::ノ:;'::::::::::i !!\У.:::::::::::ヾ.、::ノ!

______________________________________________

 ・:西ドイツはドイツで、再軍備を巡ってgdgd意見対立が生じていた。


561◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:45:19 ID:MQ4q19dQ0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

<============================================>
 > DIO「二度も戦争に負けたあげく、国土はズタボロ、民心もズタボロ、軍人への信用は完全に失墜。
 いわゆる制服を着て町に行けない。親戚に自分の職業を明かせない状態だな。戦後ドイツ軍人もまた」

 > DIO「ましてや、未だ再軍備が成立していない状況下で、ドイツ世論は完全に再軍備反対だ」


562◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:47:18 ID:MQ4q19dQ0

      |二_  _―-、_   |、ヽ_,./ r''‐'´ヽ ヽヽ  |  |
      | i二ニ―---、__, | | | ̄─_ヽヽ、:::::ノミ-| l /  |
     く二二ニ-‐''''''~´  \ヽ`'‐=,´  \/ \ノ  人) |
     |  ノ /  /二三´`ヽヽ l /ヽヽ ヽ /r‐´// |┐
     /‐'´,/ /く \-- ̄`''‐\ ヽく ||ノ、lノ,-'´// |
    ヽ/_///く   :ヽ弋;;;;ッ-、 | |:::::-<::::-=ニ二//  /´
     Y´  .\/ ノ      ̄ ̄::::ノ/ ヽ !弋シフ´/ r‐'  ――だが、一定のエリートたちはわかっている。
     | /`i、  .V/ ヽ      ::::::lノ  __| ヽ::   | /     ソ連の脅威という物が本物であり自分たちの目の前にいる
     .l l | ヽ |          :::::../::::: ̄ノ   //
     ヽヽヽ! |            \::::::/   |/  ――という現実が。何時の日か軍隊をもう一度持たなくてはいけないという
      | vヽ |          _,. -''''ヽ-‐、   .|、ヽ    冷たい事実が。
     /.( (>、_|         !-‐''~´ `~´\!  ./'ノ
     |/ `-i´ |.          '';;,,,,,,,,,,,,,,,;;''  /|/             _,,、
     |   |  |.           """""   / |          r'''ヽ''´ヽ ヽ!-、
_,. --、 ||||   \               | |          '、 `''''''  _ノ,.--`--┬''ヽ,
    ヽ| 川|    \       ___   / |           `''''''''フヽ´   ヽ,,,,ヽ_ノ__,,
   | |||||      ::::::\  /:::::::::::::::\/ |          _,. -''´-、,.-‐‐''''''''´./ ヽ  ヽ  )
   / | | 川|       ::::::`'''‐------‐''´:  |         /r‐'''''''´/ヽヽ_, イ´    ノ _フ


563◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:50:17 ID:MQ4q19dQ0

            , ゝ-‐― 、
        ,, ' ´       `ヽー.、
    ,.=-,'´               `ヽ.
  ,/,´'´   ,           :         ハ
  /    /    , ,    i   ヘ.     i
  ヘ   //  ., ' /   ,  i  ヘ i!`ヽ、 l
.  ハ  / ./   / .,′ ,イ! i .l   ハ .iヽ.ヾ. |
   | /. .,′  ,′.;i! .;/"!. .! l  ,'. i .|:.ハ、゙、!
   i / i: i.,' __,i`メ_ト、/ |.! :| ! ./ i i .|::. iヾ!|
.  //i./!ノ'i  i'i`´ト'テト` !'!,リノ, ,イ ,!ノ! ト..ノ/i!i
 /.,' |' ヘ!ハ .:ト、!ノ`ー'  i!!/'//'/イ'ノ ノ,i',.'ノヘ.、
.,′! !  \、::|ヾハ     ' /´' .ノ'i,'/!:,ハ|  丶、.
i! ::i!  ,.ゞ、.ト、ヾ.、  ヽ‐ ―ァ /イ' .i!/〉 リ   `ヽ
ヘ:::i!,ィ'.::::::::::::`ヽー=、>_.`    ,. イ,' i!','〉 ′
_ヘ::!::::;:':::::;::-==ゝ―、ヽ三ヽ<-‐!i ::!`ヾー‐.、_
人`ヽ、_,ゝ-'´'´`¨¨ヾ∨ゝ三三 {{! :l┏                                             ┓
 i::`ヽ, ,/ _,.'´  ヾ::ゞ三三 i!! :┃                                             ┃
. i::::/ / ,-‐'´      ヾ:》==イ! ノ┃         突然だが、ドイツ帝国はWW1で敗北した。           ┃
  l::i ' / 、__,==.、.___!:::ヾ=/ヘ.ノ.;:┃                                             ┃
  バ〈/  ノ'/´ ,ゝ=.、ゝ `二メ、'_'_:┗                                             ┛
 ' ∨ヽ_ '`,'  八 ゚ ):`ヽ'"`ヽ、 /.:::::::::/.:::i::::/
   ヽ::::::フ. ,ィ'´ヽ.(::::。::ノ)  i´:::::::::::::'::::::::::|:/
    ,ゝ' ,ィ'´    ` ー‐' `ヽ、ヽ、:::::;、:::::::::::::|'
    ゝ'ヽ;;` ̄`` ヽ       \`´ \:::::/
      ノ三三三= .ヽ、       \   \
     >三三三三 ゝ'´`ヽ.     ヽ    \
     ,>三三 ゝ'´_ _    ヽ.      ヽ   \
   ノ´〈メ;;;ゝ-‐'´(´⌒_)`ヽ、 ヘ.      丶     \
 /.::::::::-=._<´;;;;;:ゞ(´__ノ'`ヾ=、ヘ.      ヽ     \
'´.::::::::::::::__`).::/.;;;;`;;;;;;;;;;;;__,ィ->,ヘ.        ヽ      \
  .<´.:::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ' /´/}ヘハ       ヽ.       \
<.:::::::::::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/=≠彡'ノ;;;;!::.         ヽ      \
.:::::::::::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;:/,ヘ  ≡/;;i;;;;|:::i!           ヽ       \
::::::::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;:/:::/.;;;ハー―'!;;;;l;/!::::i!         ヽ       \
::::/.;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.::::::/;;;/;;;|;;;;;;:;;!;;;;|;;;|:::::i!          ヽ         \


564◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:52:18 ID:MQ4q19dQ0
             __
      ―= ´        ``丶、
   /   /               \
        '           \
.      / /   /   M     ヽ     ',
    / '   '  '   ' `、   }i
        / /  /   \ 八  |  | i
    | |  | x=ミ : : : : : x=ミ、 |  | | ┏                                             ┓
    | |\ ∨   。  : : : :  。  ∨   | | ┃                                             ┃
    | l  ヽi   _ : : , : : . _   |   | | ┃ そして、ドイツ軍は解体縮小され、規模が制限されることになった。    ┃
    | |   |            |   | | ┃                                             ┃
    人 |   人     _     人    / ┗                                             ┛
       |  i 个  ,, `_' _ イ   / ´
       |  l ,,|斗==ノ    Ni==|  /
       |  |/:i\:i:i:i:{ 三三|:i:i:i:i:|   {、


                  , ‐メ‐' ̄´ ̄ ̄`ヽ
        ノ`.´ ピシ!   ./ ./   ハハ"`ヽ ヽ \
.        )  \      ,' //, '/.ソ  i  ソ  、 ヽ  ┏                                             ┓
.       ヽ   \       /〃 {_レ   ノノノノ リ| l i|  ┃でもって、優秀なドイツ軍人たちは将来の軍備再建、軍事力増強の     ┃
              \.    | |小l●    ● 从 |i |  ┃為の布石を仕込む形で、これを乗り切ることを考えつく。           ┃
              \.. レヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|.ノヾノ、 ┃                                             ┃
.                /⌒ヽ_|ヘ   ゝ._)    i.! /⌒i〉 ┗                                             ┛
                 \/:::::|i!i> ,、 __, イ. i.!/ ,/メ)
                `ヽ,:::|!i!. ] :〓||〓::: [ {ヘ、三〈ハ〉
                     < |i!i|(:∥;;》《::∥;;) !ヾ彡' ∽


565◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 01:54:16 ID:MQ4q19dQ0

        | /      ヽ    /    / l  \
        ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
       / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
      /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
     /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
     |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
     _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
     ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
      ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /
       | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/
       ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,
        .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |  ――それが、下士官、曹の軍隊だな。
        |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|
        | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ        おっ? >やる夫
        .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´
        |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
      _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
     // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
    / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
   / /    /    \ \      //   |   \      l.L
  //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_


             / ̄ ̄\ー-、 _r‐- 、
           __ノ ヽ、,_  \.   7;:::::::::\__
           (●)(● )    |  〃:::::::::::::::::::` ''‐-、_
           (__人___)    |‐≦イ::.::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
               |` ⌒´     |  └‐-、__::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ――下士官ですか。
            |        |       `ヽ.::::::::::::::::::::::::::}   たまによく聞きますけど……
            ヽ      .イ     __,. -<丶、.:::::::::::::::::/
           __「ヽー'ーー"/7一^V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r´  ――どういう意味なんです?
     _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::::::::.、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::./
   丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::_r'´        知らないのかお!? >やる夫
   i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::_、-'゙´
  /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/
  l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l′


566◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:00:22 ID:MQ4q19dQ0

大将
中将
少将
大佐
中佐           _∩
少佐  将       / 〉〉〉
大尉  校       {  ⊂〉     ____
中尉           |   |    /⌒  ⌒ \
少尉 ――       |   |  /(●)  (● ) \
准尉  兵       |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
曹長  士       ヽ   |     |,┬‐ |       |
軍曹            \.\   `ー ´     /
伍長              \       __ ヽ
兵長               ヽ      (____/
上等兵
一等兵
二等兵

<===========================================>
 > やる夫「軍隊の階級を強引に2種類に分類すると『兵士』と『将校』になるお!
 兵士っていうのは現場で実際に武器を持って戦ったり、物を運んだりする人の事だったりするお!」

 > やる夫「将校っていうのは、兵士たちを指揮したり、兵士たちが勝てるように戦い方や戦場を
 お膳立てしようと書類相手に戦争する人たちの事だったりするお!」


567◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:06:46 ID:MQ4q19dQ0
        ____
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  ――でもって、士官っていうのは、将校の下っ端。
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そして、将来の将軍様候補の事だお!
   |     |r┬-|     |
   \      `ー'´     (⌒)  ――下士官っていうのはその下。
    >          ノ ~.レ-r┐、  兵士たちのトップクラスであり
   /          ノ__  | .| | | 将校と兵士たちの中間管理職みたいなベテランだお!
    |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
    |          ̄`ー┬--‐‐´



                 ____
              ,. . : : : : : : : : : :>:⌒\
            /: : : : : : : : : : : /:,..:‐、: : :\
             /: : : : : :,: : : : : : : : : :  ̄`ヽ、: :\
          . : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : \:∧=|:ト、
         /: : : : : :/: : : : /: :,: : : : : : : : : : :V∧|:|: ヽ
        .': : : : : :/: :/: :/ : /: : : : : |: : :、 : : ∨ム|: : : .
         , : : : : : |: : l : :|: : |: : |: __: |:|: : ィ⌒:∧: : ,: : : .
          | : : : : : |: : l : :|: : |イ:「!: : :|:{: : :{ }:/l:∧: :V: : :.
          | : : : : : |: : l : :|: ' |、: {从: :{∧: :vィ雫ミハ: :l,: : : .
          | : : : : : |: : l : :l: 从 イ雫ミ Ⅵ\}_)::}{イ∧:|∨: :|
          | : : : : : |: : : : : :、:{《 _) :::}  `\ vソ { : リ: ∨:|
          | : : : : : ∨ : : : : \ vzソ     '   八: : : :lⅥ
         : : : : : : : ∨: : : : :{`\   r::: V  イ: :/: /: | リ  ――その下士官たちを中心とした軍隊にしたんや。
        ∨: : : : : /\ : : : ',、     ー' /⌒,'/ j/     下士官たちはいわゆるベテランで、本当に優秀やと
           V: : :/⌒ \:\: .、≧=r - く   /ハ /
          _∨'´ __    \}\:_、 | |\ヽ /.....〉  ――将校へ鞍替えする事もまぁ、出来なくは無い。
       「  /´\......./`ヽ  \  ∧ |  } ∧..∧    おまけに、ベテランやからな……
       ∨ ∧...../⌒\....∧  \//Ⅳ  | ∧.V |
          }∧...∨´ ̄\\/\  ∨_〈   l∧../| ∧
        (」....∨´ ̄`ヽ \\/\ ∨/\∧../...{'   、
       〈..VV       、 \.\/\|' //...V......|   /
       _Ⅳ..{       ∨  }.....\/\∧.../.......}_,ィ
       ( ...../|         \ ,............\/....V....... ,  |
       `7        /    /.............../..o./........./  |
          〈       /  /................∧.../........./  ,


568◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:07:03 ID:MQ4q19dQ0

                          ,  '":.:.:.:`'  、
                        , '":.:.:/:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.' ,
                        /:.:.:./., '"`ヽ\:.:.:.:.::.:',
                       ./:.-‐':.:.:.:' ,__,ノ:.:.:.`:.‐-.:.:l
                     l:.:.:__:.:._____:.:.__:.:|
              _   -― ' "__::::::::::::__::::__::::::::::__:::::::` ' ―-  _
             (:::::::::::::::::::::::,- ―_-_、,l lミr-__‐‐''ヽ::::l:::::::::::::::::::::::)
              `  '' ―--i. / <_◎.>}   l;;<◎_ゝ l'ヽ--― ''  "
                       l !   -‐"ノ  !`ヾ‐-ミ i'"|  スキン小僧が!
                       ! !    ,.{ ,,_ _,,!}ヽ   .!)!  じっくりかわいがってやる!
                        `l  ./  ___;;____  !   |-'
                        ! .i .<++++++フヽ ,'/
                      ,, /iヽ !  ` ̄ ̄  ノ//ヽ――――- 、
             ,  -ー:.:.:.:':."´:.:.:!:.:.:',. \   ̄ ̄  // !:.:.\ーー---:.:.-ヽ
           ,、'":.:.,:.ー-:.:.:':.":., -‐,⌒ヽ . , '、ー -ー '  .!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l',
         .! ヽ'":.:.:.:.:.:,, -‐'‐ 、  _ノヽ/:::::)` ̄>、 .|:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:ヽ
           r\.`、:.:.:.:,ノ      `ヾ'、:.:.:`、:/  .(::::\ !:.:.:.:.:., -┘:.:.:.:.:.:.:.:.:l/:.!
        /ヽ ヽ.ヽ'   `, '`ヽ、 /゙ ヽ:.:.ヽ    .\:::::|:.:.:.:.:.:.ヽ.-‐―‐┐:,':.:.:',
        /` 、.\ /  .、/ /  )l, __ ノ:.:.:.:.\   .`,:,:.:.:.:.:.:.:.:/二三二l:.:l:.:.:.:.!
      ./\ /:.:.:.:',    `' 、/   /:.、:.:.:.:.:.:.:\    i:.:.:.:.:.:./i≡i≡i≡,'/:.:.:.:.:|
      ./\ /:.:./:l  ' 、、___ノ-ー '":.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\ ,':.:.:.:.:./:.:,:.:.:.:--ー.,':.:.:.:.:/
     /\ /:./:.:.:.:!::::   ,'ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙`   、:._:.゙/:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:〉
     /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:',::::::::::::/::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.: イi:.:.:/

<============================================>
 > はやて「フルメタルジャケットっていうベトナム戦争をテーマにした戦争映画でハートマン軍曹っていう
 すっごい濃いキャラクターがおったやんか。ハートマン『軍曹』。つまり下士官やな」

 > はやて「そう、優秀な下士官は優秀な教官としても使われるんや」


569◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:07:48 ID:MQ4q19dQ0
      ., 、.,   ────  /|| , ┐
   ||ヽ /.<            >' ' |.|
   ,.{ヽ/               .ヽ!.|、
 イ ./,     ,    |         ヽ ヽ
..// ./     .ハ ト  ト i、 .|  i   ヾヽヽ
,イ  ./ i  .|--/_! !ヽ |.ヽ廴 ⊥ .|  ヽ!  ヽ、  ――つまり?
.{   iイ .| |  ト 孑ニミ ヽi   'ニ、ト! |, | |  ヾ`
. ! , ! Ⅳ、.|./ ir.'ハ    .r':::ハ`!./ .ト ,   .}
∧./ .ヽ!  ヽ 弋_ノ    弋_.ノ |.'  .ハ.'   .i
 Ⅵ   .i ∧      '    /_, .i ' ./  !
  ∧ | .∧ ゝ     、.ァ   .フ ./! ./ |i ,
   V ./ .ヽ!ヽ! ≧ ┬ ‐ ェ≦!イイ  |.ハ .|i/
    レ'       「┬‐‐< L、
        ,-</ .ソ__ > , ' ヽ
       ./ ,.'::::/::7:::::ヽ /  .∧
      , .' .i:::::::〉-'::::::::::::| , '  .∧
      .ヽヽ.ヽフ「 |ト、:::::i      〉


        /::/:::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::ハ::::::::::ヽ::l:::::::::::|:::::::::::::::::::|
       /::/:::::::::i::::::/:::::::::/ |:::/| 、::l:::::::::l::|::::::::::|:::::::::::::::::::|
       /:/:::::::::::|::::/.|::::::// |::/ | ,l:,r-'|、::::|::::::::::|::::::::::::::|::::|
      /:/::ィ:::::::::l::::| .|::::// .|:/イ'´ l| `| }:l::::::::::|:::::::::::::::l::::|
      //::l:::i:::,A-|-.|:/ /  レ  二,.--c-|::::::::/::|l:::::::::::::::l::::|
      l::::::::::l:|、::| .l:| -|'     ´ ゙、:,し/| l::::::/::::|ヽ:::::::::::::l:/
      |::::::::::::::Vl TニC       ゝ-‐'/:::/::::l:/´ノ::::::::::::|  ――高い質が確実に確保され、
      |:::::::::::::::::::〉 ゙、;;リ         /::::/::::l/::::::::::::::::::::l    その気になればある程度の質を育てる機能を持った軍隊。
      |:::::::::::::::::/ ゙、    ,       /::::/::::::l::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::/  l      _  /::::/:::::/ |:::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::/    ヽ、       /::/:::::/  ,|_::::::::::::::::::::ヽ  ――兵隊のハイローミックスを前提とする軍隊。
      |::::::::::/   /::::::::` ー -, ':::/:::::/==' __|::::::::::::::::::::::::ヽ   それが、WW1の敗戦後のドイツ軍の姿よ。
      |::::::::/   /::::::::::::::::::::::r-/:::::::,/:/  /   ̄ヽ:::::::ヽ:::::::ヽ
      |:::l::::| /:::::::::::::::::::::::::__|/:::::,イ/  r '´      ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
      ヽ::l:::|:::::::::::::::::::/ `.V_/::/  , |/          ヽ::::::ヽ::::::ヽ
      ,ヘ::::|:::::::::::::::/  //   /   l /        ヽ::::::ヽ:::::ヽ
     /::::::V:::::::::::::::|  イ<    /   /          ヽ:::::ヽ:::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::| /__/,、  /   /      , - ―――ヽ::::ヽ::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/,.ィ ̄// ̄`´    | _ ,-‐ '´      /::::::::ヽ:::ヽ
/::::::::::::::::::::::::::::// | //        ヽ         /:::::::::::::::::ヽ::ヽ

______________________________________________

 ・:【ハイローミックス】
  軍事用語。元々は空軍の戦闘機の用語。
 ただし、結果的にそうなった……というのが正しいらしい。

 数を補う『ローエンド』の兵器と、質を補う『ハイエンド』を組み合わせて運用することで
 質と量を同時に確保しようとしたもの。ただし、最初からハイローミックスをすること前提で兵器を作る馬鹿が
 いるわけがない。何せお財布を握る役人からすれば安い代わりに性能が低いものを大量量産します。そして
 高い奴も一緒に配備します。だからそのための開発予算・配備予算くださいなんて「はっ?」でしかないからだ。
 「最初にすごく強いもの作って、それで何とかしろよ。数? そのための高性能だろ?」と。
 あるいは「その安いものだけ、すっごい数作って何とかしろよ」と。
 故に古今東西、『結果的に』ハイローミックスとなる事例が殆どである。


570◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:12:39 ID:MQ4q19dQ0

        /             、   \
       . ‘   ,                 ヽ  、` 、
     // / ,  .:  , .ハ ハ:.  ::i.  ヽ:. ヽ ヽ
    , ' /  /  / /:: /∧∨∧:i:. .::|:. i:. i::. `、 .ヘ
   //  , /  ,′/.::: i: ト゛゛'""i::l::.:::|::..|:::.. !:::.  ! i ゙.
   /イ  i ,':. .:i: i::::::: ハ::!    l::|:::::ハ::;、::::. }::: l:. i. }
.   !' | .:|: :!:::. .::!:. {:::::: {_,メ    !ナ!ナ┼┼‐:}‐ !:. l:. !          __   ヽ、   _,
  リ ヘ ::i:: ::!:::.::::!:_ムィ'´:!=|:!    ノ' |ィ≠三、!::::l::i .ト、 !:. !          `ヾ. ̄ヽ i `Y´(
  /  !::|::.:::l:i::.:::lハ::ィ乏不ヾ  '´ ノ'´f⌒;i! ト>:!::! ト.゙} !、.!         ー=ミヽ ヽ|  i!. i
    .ノ::|:::::::l:l::::::l! メ、.f‘::ら    ′ i!::刋 ,!::ノ::l .レノ:.゙ヾ、         '´`ヽヾ i!: l!: !
   /.::ハ:::::::!!:!::::ト! `弋辷リ   ,    ゝ≠'´!ノ!::i .Yi::i::. iヾ、        |`ヽ、 ヘ  ! ノ ノ/i
   ,'/.,′!:::::|l::!:::|(ハO°゚o////////o゚ (_)ノ'ノ.:レ^ヽリ::: ゙} ヽ     、-'.::::i`ヽ.ヘ ノ .'/\〉
  /イ::!  !:::::!l:;!:;:iト、}.   ,~~~~~;  ,.イ'´ry \ ノ           `ヽ/.:::::、ヽ! /.:::::::::ノ
  !ハ:!  l::::j/ノ `ヽゝ._)..:::::::::::::::::..( , イリ_ノ´   〉         /;;;;;::::::ヾゝ、.:::::::::::〉
  !′i!  |:;イ´  `く〉';:-‐イ|~~~~ィムリゝ'    〈         〈<;;;;::::::フ^、:;;;\:::〈
    !  リ{     ヽ::::::〈〈>,..... < |:::/      ノ‐ァ          \_/\j/\;;;)::|
       ,' リ\     ヽ::::|:|,ィニ三三ニニ‐{   ,ィニ==メ`ヽ           /,∧  `ー'
          ヽ     ト.:|:j彡三三三三ハ、/'彡'三ミ、ヾノ_          乂{ ノ
        rニニニ.ヽ.  }イ'、三三三三ノ'ィ'/彡三/`ヽ-'イ、,..ィォ-、      / ノ\
  ,..==-‐イ三三ミヽ.\ノ::!::!|三三三//.:!|ゝ彡ィ/.::::::∧::::\.::,'/.:::ヘ     ><´
_ノ.:`ヽ:::::::::ノ三三三ミミヽ〉メ':テi!三三i i:::::!|::ヽ/.::::::::::/.:::::::::::::\::::::::ハ    〈 人 〉

<============================================>
 > DIO「その代わり、いざ、ナチスが再軍備を始めると――――」

 > ドイツさん「――指揮官がいねえ!!」
 > DIO「となって、慌てて、とりあえず優秀そうなやつを片っ端から将軍にしたりしているぞ。
 あの有名な砂漠のキツネ、ロンメルはわかりやすくその手の出世組だ」


571◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:12:52 ID:MQ4q19dQ0

                          -―-
                         ,  ´          ` 、
                    , ⌒Y⌒Y´              \
                         f⌒i'-‐                ヽ
                 /   / `f´ー- . : ! \
                ,       i ミ`¨¨i i l    ` 一        \
                   i       ' ミ: :_l__'_j__   :_i__!__    i`  ヽ
                   |       / ミ: : : :j/j/ \  i/j/ヽ、i   : |
                  !    /!f⌒ー=示ミュ : :\ |:z示ミ l   : |
                 '.     , 八 r: : : : 辷リ : : : : ` r炒:/ !'  : l
                    i     i'   ヽ : : : "": : : : : : : :""/ /   '
               ;    l  :  ト、: u: : : : : ': : : : 人   /
                i ト、  '. '  l: :≫ : :_´_: : :</  ィ  ;
                l l' ヽ iイ__ イ: : : : : : 7ーァ/   /`ヽ {
                 j/  >j'' /: :i: :`: :´: /: ://ィ //: : : :i '.
                    /: : :/ ' : : !: : : : :/: r'== ヘ/j' : : : : | \
                   ,: : : :j {: : : :!: : :/: : 廴__jl: : : : u: : :!i f⌒
                    i : : /' 乂: : !/:_;. ィ///,ハ: : : : : : : :l从{
                   i: :/    (( ))   ////! i、:! : : : : : i
                   l: {     /イ:{  ///// ,. !: : : : : :
                  !: ヽ   _ヘ{ z'////_/  i : : : : : i
                  i: : i `    ̄ ̄ ヾr=く/   !: : : : : ;
                ! : |       _ z≦ =ヘ   /: : : : :/
                 |: :.l _ z≦///イ////∧ /: : : : :/
                 l : ///z≦/////////i./: : : : :/

_____________________________________________

 ・:と、ここまで来ると気がつく人は気がつくだろう。ドイツ軍において優秀、あるいはベテランと称される
 人はその多くが大なり小なり、WW1の敗戦後の苦境を体験した人たち……つまり……。


572◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:13:23 ID:MQ4q19dQ0
                          -―-
                         ,  ´          ` 、
                    , ⌒Y⌒Y´              \
                         f⌒i'-‐                ヽ
                 /   / `f´ー- . : ! \
                ,       i ミ`¨¨i i l    ` 一        \
                   i       ' ミ: :_l__'_j__   :_i__!__    i`  ヽ
                   |       / ミ: : : :j/j/ \  i/j/ヽ、i   : |
                  !    /!f⌒ー=示ミュ : :\ |:z示ミ l   : |
                 '.     , 八 r: : : : 辷リ : : : : ` r炒:/ !'  : l  ――ぐ、軍隊以外……軍人以外で
                    i     i'   ヽ : : : "": : : : : : : :""/ /   '    は、働け? えっ、無理ぃ……
               ;    l  :  ト、: u: : : : : ': : : : 人   /
                i ト、  '. '  l: :≫ : :_´_: : :</  ィ  ;
                l l' ヽ iイ__ イ: : : : : : 7ーァ/   /`ヽ {  ――もう、軍人以外のお仕事の仕方とか
                 j/  >j'' /: :i: :`: :´: /: ://ィ //: : : :i '.   わっかんないよぉ…………
                    /: : :/ ' : : !: : : : :/: r'== ヘ/j' : : : : | \
                   ,: : : :j {: : : :!: : :/: : 廴__jl: : : : u: : :!i f⌒
                    i : : /' 乂: : !/:_;. ィ///,ハ: : : : : : : :l从{
                   i: :/    (( ))   ////! i、:! : : : : : i
                   l: {     /イ:{  ///// ,. !: : : : : :
                  !: ヽ   _ヘ{ z'////_/  i : : : : : i
                  i: : i `    ̄ ̄ ヾr=く/   !: : : : : ;
                ! : |       _ z≦ =ヘ   /: : : : :/
                 |: :.l _ z≦///イ////∧ /: : : : :/
                 l : ///z≦/////////i./: : : : :/

______________________________________________

 ・:WW2の敗北により軍人という身分の喪失は極めて重要な失業問題を引き起こす物だった。
 まぁ、若い人はなんとかなるだろうが、それなりに年齢を重ねた元将校ともなれば…………。

 とまぁ、そういうわけで、西ドイツ再軍備を巡る一つの『意見』を保持する『勢力』ができあがっていくことになる。
 まぁ、別に組織だった何かと言うわけでは無いので、『勢力』という単語を使わせてもらう。


573◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:13:37 ID:MQ4q19dQ0

     く〈                   /  \
     /\     ∨   \ /   \ -=<_    ,
     ,′     ∨  /\    \\―― ⌒
      |  |  |   {\{ィf笊=ミx    `、 \ヽ       ',
      |  |ハ ト    {:〃んハ⌒}〉=-  |\ノ:| ∨
      |  ┼≠-\ \ ト;;;;じ: : : |   \|   ト., ∨    :|
.    j/从ィ笊㍉: : ̄: : Vこソ: :. :|  /    |: } ∨    |  ――ソ連の脅威は本物だ! 故に!
     ー=〈{んハ: : : : : : : : : : : : / イ     |_ノ     :|   我々は一定の大きさの軍隊が必要だ!!
        | Vツ,: : : : : : : : : : : /: |     |   |
       / i{: : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.|     |   |   |
.      / 八: : : : _: : : -‐: : :. :. :. :.|/    :|   |   ',  。。(そして、我々にポストを!)
     /     \: : : : : : : : : : : : : :.ノ     |   |    ',
.    / /  |  i丶 : : : : : : : : : :/      |   |    ',
     /   |  |  ≫ __,: : : <:/       :|   |     \   ┏                                             ┓
   |   . : :  ̄ ̄: : `  }: : : : :.|       ′  |      \  ┃                                             ┃
   ゝ/ : : : : : : : : : : : \ : : : : |      /    :|     |  `、┃      つまり、こんな感じの連中が登場したわけだ。            ┃
   ./: : : : : : : : : : : : : : : : ', : : : |       /  __|     |   i┃                                             ┃
   ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : : |     从≧}////}_     |   |┗                                             ┛
   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : ト:ー、| ハ  {: :}i:.:}////}   `ヽ ′  |
   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : | i{: : j/: :.\ { : }i: }////}: : : : :.|/    ′
   |: : : : \: : : : : : : : : : : : | i{: : : : : : : :\: }i }////}: : : : :.|   /


574◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:17:07 ID:MQ4q19dQ0

           _ ........ _
        , ィ:::´:::::::::::::::::::::::::::::`::ト:.、
      /::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //:::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::ヽ
    .,'//::l:::::::::::::::|:/:::::::::',:::::l::::::::::::l;::::::ヽ::::::ヽ
    {ソ_::|::::::::::::::::|、:::::::::::{::::!:::::::::::::l::::::::ヘ:::::::ヘ
    }::::、ヽ|::::::::::::::ト 、ヽ::::/ |:::|:::::::::::|:|ヽィ"ハ:::::',::',
    {:::::`:::!::::::::::::::|::::>-!‐-j:::j:::::!::::::!,|ィヘ´:::',:::::ハ:',
    |、:::::、|:::::::::::::::|::/  _l:::l::::!:::'::,':,'  ',:::::::l:::,' }!
    |:ヽ:::::!:::::::::::::::!斧辷ト l::::::,'::/ノ斧斥 V:::ノ/  '!
    !::::ヾ/l::::::::::::::|ヒ:: J:: i:::イ"´ l::J::ケ /:::::/  j
    !::::::ヘj:::::::::::::::|',乂_沙      乂ョ丈'::::::l   /
   ,':::::::::::|::::::::::::::| ',        ,   ,':::::::l  /
   ハ::::::::::j:j::::::::::::|、!         ノ::::::::! /  ――馬鹿じゃ無いの。
   ハ::::::::::::|:|::::::::::::| ト、   ‐ ' , イ:::::l:::::|'"     軽武装経済優先で祖国復興が先よ!
  ハ:::::':::|:::|:|::::::::::::', ノ   >  イl l:::l:::::l:::l::l
  ハ:::/:::::::::|:::::::::::::::ヘ'   ,'::::::::::::V::l::::::::l:::::l      ┏                                             ┓
 ハソ::::::/ハ:::ハ::、:::::::ヘ   {ドへ:::ト、 ヾ::::!:::::|      ┃  それに対抗するようにこんな奴らも出てきた。                ┃
 ソ::ハソ::ィ::!´ ̄', ヽ  \  \'" ` ト,、 ヾ:';      ┃  まるで、吉田ドクトリンである。                         ┃
    /     ヘ. ',   ヾィィミl  ハ ', ヽ       ┃                                             ┃
   ,'       ヘ ',    ヽ  l  ハ ', ハ       ┗                                             ┛
   |      ヽヘ ',   ィ-ヽ|ィ ト ゝ l ハ
   l        ',j `イ ィ フヘ } ̄ ト〉  |


575◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:17:22 ID:MQ4q19dQ0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \  ――あの、それ大丈夫なのかお?
          /   (●)  (●)  \   すぐ隣は東ドイツでソ連軍がいるお?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



            _  -──- _
        , -'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
       /:/::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::\
      f/:::::;':::::::::::,'::::::::,ィ:::::::::::::::::::::、::::..
      ,r'/:l:::::::::::,'辷ヽ' |:::::::l:::::::l:>l::ヾヽ
       {ニニ:|:::::::::::|::::/、 |:::::::l:::::::l,マ::|::::lヾ
       {\::::|::::l::::::l'"   了::::::::/チ V:::::l i  ――だからといって、祖国の国家経済を
      }:::::::r|::::l::マ尤n示ミ/: 彡ィ斧7::::/     むしばんでまで今やるべき事?
      }::::::::'|::::l:::::l}ゝツ     じソ ':::::/  ,'
      }:l:::::::|::::l:::::|}}       ,   /::::;  ――まず、国民の生活を安定させなきゃ
     .':.l:::::::|::::l:::::lゝ   - -  ィ:::::::l  ,'  軍事力もクソも無いわ。
      厶从:: |i:::l:::::|i:| > , _..<:{ |:::::::l 〃  世論だって、反対しているし、そもそも
     /:::::乂:::::::::::V   {、i:i:ハ::乂::::::l'    フランスが認めてくれない。
    ィ:::/´  ⌒从:l    ` ー‐v:::::::|    やるとしても『最小限の自衛戦力』の範囲よ。
     {:::l    i:.  ヾ ̄` '´    Vハ
     ヾj    l::         、  l


576◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:18:03 ID:MQ4q19dQ0

    / / / /  | |    \ \  | \   \ \    ヽ      i ヽ
    l / / /   | !     \ \!  j\    ∨∧    ..     |  i
    | |_/ /    | l|.\     \ ` <  \  ∨∧ _  i.      |  |
    | | |≧ =- . 人i!  \     ` < \ ハ\ レ'´    |     |  .从
    |リ | i i l|   ≧ ト、   \    ∨  >≠<ル    l|     |  j  ヽ
    .从 |ルハj , ィ庄王: トく⌒ \    ∨/≦ 王ミヾ    l|    リ  ト、
       l|  7./(__ノ;: ;:;l|      \   ∨イ(__ノ: :: !「.ヾヽ リ    l| ∧∧
   i   |  // |l: : : : i:l|          \  ∨|l: ::: : i:l| }.} V      l| ト、 ∧
   ∧  | 从 人;: ー'.リ           ー |l ::ー'.ソ 从 /      l| |∧j ハ
  ' ∧ 从    ´ ̄ `            ´  ̄`    / /      l| |  ∨∧
    ∧ ハ /////                  /// / /      l |   ヽ(
      \人            i!           / /i        | リ
       | ヽ                     /イ/ l        |/
|  i      |_ハ           __           / レ'|        |
|  ト、   | ∧        /´ _ _ `ヽ        . イ  リ      |
!Y |ハ    | ' \      { ´    ` }       // /l     ∧  !
 ! ! ハ   |\   〕ト .     ー-- ‐ '    .イ / //.l   / ∧ |
 | | ∧   | j \  /i> .       . イ |\  /j ル'  . '   ).j
. 从.! / ∧ j .人  Y: : :j      ._ .     .|: : ハ _ノ /   /

<============================================>
 > DIO「実際、フランスは『EDC条約軍』にドイツを加える事すら強い反対をしたからな。EDC条約は
 元々フランスが西ドイツ再軍備を妨害するために提唱したのに、逆にドイツの再軍備を応援する物に
 なってしまうとかいう考えから」

 > DIO「むしろ、EDC条約軍の発足に向けて準備した各国はびっくりだっただろう」

____________________________________________

 ・:【EDC条約】
  フランスのお偉いさんが提唱。『ヨーロッパ統合』プロセスの一つとしてクーデンホフは評価したり
 『ちょーと方向性が危ういなぁ』とかチャーチルが思った奴。ちなみにチャーチルさんはアイデアをすぐにぱく(ry

 要するにヨーロッパのみんなが集まって『ヨーロッパ防衛軍』を作ろう、そして、ヨーロッパを守ろう。
 『欧州防衛共同体』はそのための集まりです。あっ、でも主戦場は西ドイツな! 一番激しく人が死ぬ役は
 ドイツ君に任せるよ! そして、ドイツ君は勝手に戦わないこと! と言う奴。


577◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:21:07 ID:MQ4q19dQ0

     ./ ./        ,.| |    ',  ', ',  \.  \          |           |
    / ./ |    、 .l  / | |l   ',  ', ',   .\.  \       .|           |
   ./ ./ . |    ` l .、/ . l l ',    ',  ', ',    .\.  \      .|           |
   l ./   |      .| l.`.`l l.、',    ',  ', ',   l.、. \.  \_,,,, |--―          .ト
   | l   |      .| l . -H.、 `、  .\、_',.l_、__l,,ヽ-‐` ´.、 \  l             .| ',
   |.l   .|      .| l . >=、.ミ.、   `\.l -',-, l _.`、   .l ',` .、` 、           | ',
   |l   l     | | |/ll| 、)//iミ     戈´ \.',≡ミ、  .',. ',  ` i`、、     ',   .|  ',
   |!    l     | | l/ll| .l////|\     l`ゝ /ヘ  ).\ ',、',   .| `      ',   .|  ',
        .l    .', | l ヾ!弋///l  .\    ∨   l/////\ 、ヽ . !     ,   ,',   !   ',
        .l     .',| 、l  ` \__l    .\   ∨  |//////l \、∨    /   /i ', .|    l
        .|  /l  l! `、          \ ∨  !////// / l ,'     /   /、.l ', .!
        .| ./ l   |  ヾ.、          \∨ ` ー‐'  ''  ,   ,. '   ./ .l.ヽ .',|
        .| /  l  .|   .i\、  ノ       `           ,  ./   ./  l   l!
        .|,'    l       ',.   ´                ,  /    /-‐  ,..、´l  /
        .|!     ',     、                 u , /l     ./__,.イ´::::::∧/
        .l!    ',     \                     ,/  l    /   l:::::::/:::::\
        .|    .∧      .\    ´ ` 、            .l    /    .l./::::::::::::::\
             .i:::::',      l::::\                   , .l    /     /::::::::::::::::::::::::::
             .|::::::',       .l:::::::::::..、         ,  '  l  ./   /::::::::::::::::::::::::::::::::
             .|::::::::',      .!:::::::::::::::..、   _ .   '      .l  ./  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             .|::::::::::',    |:::::::::::::::::::::::´:::::::::\        .l ./ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

______________________________________________

 ・:これほどまでに将来の大敵として、ドイツを見ているフランスだが、それでもいずれは認めねば
 ならないという簡素は事実は少なくとも指導者層は理解していた。

 何せ、ドイツがソ連との壁として機能しなければ、フランス人がドイツで戦う事になることはまず間違いない。
 大戦で疲弊したフランスがそんな『遠征』を繰り返す事がどれだけ軍事的経済的政治的に面倒な事か……。


578◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:21:21 ID:MQ4q19dQ0

          /      /    /  |   \.   U    |i.    |       |
.         /   U ..../    |  | ト   \__    _,||____|_|    U ..|
        /      /. U  |  | | ヽ     ‐┼‐'´ 八  |  |       |
.       / /|.     ,   _,.  -‐‐-| |.,_ノ.  U ....|  ,x===ミk、 }        |i
      //  :|i   i|.      i| .ノx==ミ \   | 〃 ,__){ :hi∨.        |i
           |i   i|. ii   八/ __){ h}   \  |   | :{_} } 》   U  ..|i
           |i  i: i|. |i   i{ {{ {  {_} }  U \|    L..__///  /    |i
          ′ |: i| 八 八.八 \./: : : : : : : : : : : : : : : : : / / }    八
.         / /. | 八{   \.: :U.: : : : :U.: : : :.{: : : : : : : :U.: : :/ イ  /     ′
        / /  '.   \ U..\ .: : : : : : : : : : : : : : : :. :. :./ : : | /     /
.       //   ∨:./.     八ヽU                    / /   U../\
        /       ∨:./:   { 分、   U     ___., U /}/     //
                ∨ ′  |::::::::::〕s。.   ⊂´--‐┘  /::::/     ./   /
              ∨:./   |:::::::::::::::::::::>.。.       イ::::::::/    /  /{
                  ∨ ′|\::::::::::::::::::::::: r}><:::::::::::: : /   /\/  |
                ∨:  |  }:::::::::::::::::: /{\/ ̄   / /    }\/

<============================================>
 > フランスさん「つまり、僕は僕のためにも怨敵が武器を持つことをいつかは認めなきゃいけないんだ。
 そうじゃなきゃ、これからの時代、僕は生きていられなくなる……そんなのごめんだ」

 > フランスさん「けれど、僕らが認めることで怨敵が武器を持ち、それを僕らに向けないという保証は
 何処にも無いんだ。だから…………僕は……どうしよう?」


579◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:26:17 ID:MQ4q19dQ0

                  __
                / illlllllliヽ
                j lilililililili l
               イjノ从从从ハ
                从il :!  .ハ          n. n
  n 「| 「l n       r―:l\\‐/l l.__       n. l | l | !
  ヽ.| l_| Ll |__   /|  _|_|Yメ∨:ヽ!  入    _l |_| L! リ
   \   \ノ| / .ハ__|  :|ハ:/.  ̄ノ /[__|  /´  __/ γクーデンホフ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    く `ヽ./ ∨   ハ \_「∨└/ーく  ヽ /\ /、   | 「そんな事簡単ですよ。ヨーロッパを統合すれば     |
     ヽ /  //ヽ、 / l:  \il_/  /,へ  Y、   \ノ   | それでいいんです。ドイツを吸収再編すればいい」   |
      \/:'   /   !   jl   / /  ヽ´  > ´    乂_____________________ノ
        \_ /    }   l|    /    、_ノ
               /   :l|     {




                  . - ‐━━━‐ - .
                  . ´            ` 。
                  /                   \ \
                 /.〈  \       \      ヽ  ,
             /   \. \\       ヽ
             ,′    \ ≧=- .ィ=-|-=ミハ     |  ‘,
             ,′ .|  lト、 > ,_\{\{\   }    |  .ハ
          / |  .| ./l| \\ \ \ィzミ、ヽ!八   |  l{、{
         ./ イ  | | .八.ィ=zミ、\ \ うrハ.Y |  .ヽ .!  八 \  ――その手があったか!
      | ヽ./ l| |八ト、{〃う沁  ヾ {. しソ リ.|   |ヾ  ト、{     フランスがヨーロッパを主導、教導し、教化し
      | .|    | /}   ヽ  ヾ゜'    \ ¨´ 从   .| ノ .| \
      | .|    |' |   .ハ    '      ./|    八 ト{  ―― ヨ ー ロ ッ パ ご と
      | .|__   l _|   l{∧    .r ― ァ /イ!  /  .八    ド イ ツ を 飲 み 込 ん で し ま え ば い い
       j/____ .Y .ハ ./ lト、込 .  ゝ  '   /|  /  /
     r≦___ }_! {  ∨ l{ \ .≧ 、   .イ  .| ./{ イ}
     「   _ |!、 .!   ∨ l!_ ≧=-f≧=≦三l}/}/ュノ__
     |    f_ノ  |.>-∨{   `}`´:::::::}::::::::::::::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ̄ ` .
     :,  /     八,ィ≦ヾニニニ.イ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::/ニニニニニミ、 |
     ∧    } / {{、     /:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::{          }} !
     / ∧   ./ { || }   ./:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::八        ./|| !


580◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:26:35 ID:MQ4q19dQ0

  ハ、_,、ノ(、__
_ノ(/// ∨//〉_二=-、 __
///> 〈/〉 //////∧  \ヽ `ヽ
//∨/∧_//>―〈//〉  ハノ /}
∧_//////〉    ,〉/∧ l∨//ハ
////〉〈/////////∧  ∨////〈
//∧  〉//////////////-、//´,ハ_,ノ
////〉////=≧xノノ)ノ}ハノ  )ハ//厂
//ヽ///{li/≧三≧x_  ,x≦}//}
/{r、 V/ノ   _たj`寸三} {≦7//ノ  ――と、ここで少し話を脱線しよう。
/ハ j} L!     ̄..::::´ ̄ |ゞ'//´    『 陰 謀 論 』の時間だ。
/,人ノ、            li |
/{ 三|  U  u   r=ヲ .l!
/| .三!      `ー_―‐ォ' j!  ――けれど、出来事自体は事実だ。
/|  三、      、...` ̄, j|
/\ =三\     `""" /o。
   ヽ三三>、       /寸三≧o。
`\  寸三三ニ>ー=く  }三三ニニ\
\ \ \ニニ三三三/ ハ\\三ニニヽ
三\、_)_(⌒ヽニ三<´  .:ノニ= ヽ三ニニ.
三三三ニ=―{_}フ ).::/三ニノ) |三ニニi


581◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:27:23 ID:MQ4q19dQ0
 ヘ    √ ̄\             /
  ∨⌒′   `ー-、,    .へ._/
             \   ë
                  , ┃
          /1  √  || \   √ ̄ ̄\
       ,ヘ/ 〉 /  _[ロロ]_ ー一'       `ー-、
    .√     く_,ノ  ヽ][][/              \
  v^           .|曲|.
                |:|x|:|
              .|:|X|:|.  ―― 第2次世界大戦中の ――
                .|::|X|::|.
              {ロロロロロ}
                |:::|X|:::|
               .| :.|X|.: |.
              | .:.|X|.:. |
              .|:.: :|X|: :.:|.
             | :.: |X| :.: |
              [王王王王王]


  ヘ    √ ̄\             /
   ∨⌒′   `ー-、,    .へ._/
              \   ë
                   , ┃
           /1  √  || \   √ ̄ ̄\
        ,ヘ/ 〉 /  _[ロロ]_ ー一'       `ー-、
     .√     く_,ノ  ヽ][][/              \
   v^           .|曲|.
                 |:|x|:|
               .|:|X|:|.
                 .|::|X|::|.  ―― フランスにて ――
               {ロロロロロ}
                 |:::|X|:::|
                .| :.|X|.: |.
               | .:.|X|.:. |
               .|:.: :|X|: :.:|.
              | :.: |X| :.: |
        ‐=≡ ゝ-‐[王王王王王]
     ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
    ‐=≡  / /  /    /\ \//
   ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/     エッフェル塔のつもりやけど……ダメかな? >はやて
     ‐=≡    /    /
      ‐=≡   |  _|__
       ‐=≡  \__ \
          ‐=≡ / / /     (どうみてもエッフェル塔じゃ)ないです >やる夫
         ‐=≡  // /
        ‐=≡ / | /
       ‐=≡ / /レ
     ‐=≡ (   ̄)


582◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:31:06 ID:MQ4q19dQ0
                   |:: |_      /          ∨/∨          \     | ::|
                   |:: {.0}    /            〉/〈          ∧    {0.}:|
                   |::ノ≧s  /          /⌒\             ∧    s≦ミ
                   |:{ムÅマ/             /.     \           ∧  ムÅマ}
                   |:::フノ:i{/          / ======== \        ∧  j{フ/ゝ
                   |::// :i{           // .||   ||   ||  ∧        ∧ .i{ ∧
                   |:// j{        //  ||/ || \||.   ∧          ヘj{ / ∧
                   |:从ノ八         //   .||   ||   ||   ∧          八ハ从
                  r=====≧      .//__,,||__.」!_,,」|____∧      r======z
                -=ニ二三三二ニ=- ''"´. ァ─ 、_______...ァ─ 、"'' -=ニ二三三二ニ=-
                ノ 乂        ||   |               |   ||       ノ 乂
                  ||   |       」L  |________,」   ||      .|   ||
     _        」L_,,   -‐   "~ ̄                  ̄~゛   ‐-  _|   ||         _
    ノ^乂      -= 二_                ___                 _二 =-      ノ^乂
    | || |.  γ   ,ノ§ 乂             _ノ(§乂_                 ,.ノ §乂.   ヽ   .| || |
    |f⌒Y|  {    | .V/ | |            ∧ゞ==彡∧.              | | .V/ |    }  |f⌒Y|
    | || |  〕h、 |/「|\| |           |i ∨─∨ i|           | |/|:|\|  ィi〔   | || |
    | || |ニ].    |  |:|  | |           |i/ |   | \i|           | |  |:|  |    .[ニ| || |
    | || |]ニニ二| |  |:|  | |¨ '''''' 冖¬ ───|i   |   |   i|─── ¬冖 '''''_| |  |:|  | |二ニニ[| || |
    |≧s。|/////「 |  |:|  | |ニ7__    ]}::/ |i∧ |   | ∧i| ヘ::{[   ___Vニ| |  |:|  | .|/////|。s≦|
      `''<|ニ==─  |  |:|  |[ニ]ニ二/   ]}::|iニ|i∨ |   | ∨i|ニi|::i[    ∨ニニ[ニ]|  |:|  |  ─==ニ|>''´
          ̄     | ‐-  | |/////      ̄∨|i∧ |   | ∧i|∨ ̄     ∨///| |  -‐ |      ̄
                -=ニ__ | |ニ=─          ~|i∨ |   | ∨i|~          ─=ニ| | __ニ=-
                    ̄           ∧二二二二∧             ̄
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________________________

 ・:唐突なことを言うようだが、ヨーロッパにはかなり強めの『サロン』の文化がある。
 それ故にヨーロッパ人たちはその歴史の中で結構な数のそれを創ってきた。

 それは純粋にタダの遊びであっりするのが殆どなのだが、今日、人はそれを次の単語で呼ぶ。


583◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:31:21 ID:MQ4q19dQ0
                    _           ァ─ 、           ァ─ 、       __
                ノ 乂        ||   |               |   ||       ノ 乂
                  ||   |       」L  |________,」   ||         |   ||
     _        」L_,,   -‐   "~ ̄                  ̄~゛   ‐-  _|   ||         _
    ノ^乂      -= 二_                ___                 _二 =-      ノ^乂
    | || |.  γ   ,ノ§ 乂      ―― 『秘密結社』と ――            ,.ノ §乂.   ヽ   .| || |
    |f⌒Y|  {    | .V/ | |            ∧ゞ==彡∧.              | | .V/ |    }  |f⌒Y|
    | || |  〕h、 |/「|\| |           |i ∨─∨ i|           | |/|:|\|  ィi〔   | || |
    | || |ニ].    |  |:|  | |           |i/ |   | \i|           | |  |:|  |    .[ニ| || |
    | || |]ニニ二| |  |:|  | |¨ '''''' 冖¬ ───|i   |   |   i|─── ¬冖 '''''_| |  |:|  | |二ニニ[| || |
    |≧s。|/////「 |  |:|  | |ニ7__    ]}::/ |i∧ |   | ∧i| ヘ::{[   ___Vニ| |  |:|  | .|/////|。s≦|
      `''<|ニ==─  |  |:|  |[ニ]ニ二/   ]}::|iニ|i∨ |   | ∨i|ニi|::i[    ∨ニニ[ニ]|  |:|  |  ─==ニ|>''´
          ̄     | ‐-  | |/////      ̄∨|i∧ |   | ∧i|∨ ̄     ∨///| |  -‐ |      ̄
                -=ニ__ | |ニ=─          ~|i∨ |   | ∨i|~          ─=ニ| | __ニ=-
                    ̄           ∧二二二二∧             ̄
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


584◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:35:59 ID:MQ4q19dQ0

            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./V ` v:.:.:ト、:ハ:.',> ヽ!.:.:
         l.:.:.:.:|.:.:|.:.,:汽トミ  \l 汽ト、',^ヽl.:.:.}
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:リ__)jr:}      _)jr} リ,:. :l:.:.l  ――って言うと、フリーメイソンとか
       V.:.:.:l.:.|.:.l ヒ::ソ   ,  ヒ::ノ .j:',.:.l:.:ハ   イルミナティとか、そういうある意味『王道』?
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l
           Ⅵ.:.,、ト    ‘ `   ィ:.:l.:.ハ:|
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|  ――な連中を思い浮かべるかもしれへんけど
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|


  ハ、_,、ノ(、__
_ノ(/// ∨//〉_二=-、 __
///> 〈/〉 //////∧  \ヽ `ヽ
//∨/∧_//>―〈//〉  ハノ /}
∧_//////〉    ,〉/∧ l∨//ハ
////〉〈/////////∧  ∨////〈
//∧  〉//////////////-、//´,ハ_,ノ
////〉////=≧xノノ)ノ}ハノ  )ハ//厂
//ヽ///{li/≧三≧x_  ,x≦}//}
/{r、 V/ノ   _たj`寸三} {≦7//ノ
/ハ j} L!     ̄..::::´ ̄ |ゞ'//´  ――ぶっちゃけ、歴史上に登場したそれの
/,人ノ、            li |     殆どがタダの「変わった飲み会」だ。
/{ 三|  U  u   r=ヲ .l!
/| .三!      `ー_―‐ォ' j!  ――いや、秘密結社なーんて偉そうな単語を使っているが
/|  三、      、...` ̄, j|    実質、大学のサークル活動とあんまり変わらないと言える。
/\ =三\     `""" /o。
   ヽ三三>、       /寸三≧o。
`\  寸三三ニ>ー=く  }三三ニニ\
\ \ \ニニ三三三/ ハ\\三ニニヽ
三\、_)_(⌒ヽニ三<´  .:ノニ= ヽ三ニニ.
三三三ニ=―{_}フ ).::/三ニノ) |三ニニi


585◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:36:17 ID:MQ4q19dQ0

                   ___ノ)
          {    ,  ´ ̄`⌒ /-、__,
      {∨{、 ハ{/ . :/: :ハ.: : : :. :. :.く___,
      {: :\:ヽ.: : : : : :. :./.: : : : : :. :. :. :.く
    }乂__>.: : : :.\: : : : :.{: : : : : : : : : : : : :}
     ーイ.: : : : :.ヽ:.丶.: : : :. :.、 : : : : : : : : : }
       {.: : : :. :.ノ: : :}i : : : : : : \_彡: : : :|
        〉.: : : :.ミx: :ノ {: : :.乂\: : : : : : : : ハ
      乂: : : :| ≧x ilゝ斗ャ≦「 ̄{: : : : : :イ
        ⌒ヽ::}  以^} ヽ 以,  乂=ミ: : :}  ――フリーメイソンやイルミナティもわかりやすく
         {ヽ}  ⌒/    ̄ :  u _ノノ: : }    本来はそんな物だった。まぁ、イルミナティのほうは現実にはとっくに存在して……
         ゝ'}  〈ー_、    i u { ̄{::ノ'´
           i    r一┐   :i   /  /
          ':、  ´ ̄`    /::/
           ヽ  ⌒j   /::/   /  ――いきなりそんな事言われて、びっくりすると思うが秘密結社が
            }、____ /::/    / <   『秘密結社』として成立する用件はたったの2つ。
           /´} : : : :::/   / -> ´   『参入儀礼』と『秘密主義』が成立していることの2つだ。
          / =ニ}   / ,. -=ニ/-/  -=
         / =ニニ}/ /=ニ/-/ -=ニ三
       く  =ニニ/ /.=ニ/-/ -=ニΞ三
       \=ニ∧/ =ニ, --,: ′-=ニΞ三三
            ヽ/∠二二/--/  -=ニΞ三三三
         /〔____/--/ -=ニΞ三三三三
          / =ニ三三/--/ ー=ニΞ三三三三三
        / =ニ三三/--/ー=ニΞ三三三三三三


586◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:37:01 ID:MQ4q19dQ0

           / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_ \
            | ( ●)(● ) |           ____
            |  (__人__)  │         /      \
          |   `⌒ ´   |        /         \
             |           |       /           \
             ヽ       /       |     \   ,_   |
           ヽ      人       /  u  ∩ノ ⊃―)/
    ⊂てヽ   /        ヽ      (  \ / _ノ |  |
  {三_ ィ `´  /|     ィ  |     .\ “  /__|  |
        .\__/   |      |  |        \ /___ /

<============================================>
 > やらない夫「いきなり、秘密結社がどうのこうの言われても話題の変わりっぷりに……。
 それに、参入儀礼って聞き慣れ無い単語にびっくりだろ」

 > はやて「別に、そんな身構えなくても2人とも、参入儀礼を実際受けたと言えるで」
 > やる夫「おっ?」


               ___
           ,. : : ´ : : : ⌒\: ` : 、
          /: : : : : : : : : : : : :\: : :\
           /: : :,: : :/: : : : : : 、ヽ:_∧: : : '.
         ' : : /: : :|: : : | : : : ∨〉Vハ: : : '.
         |: : :|:_:_/|: : : {、 : ∨∨〉: :'.: : : :
         | : ィ: / 从: : V\:}:l∧: V: '.: : :|  ――『入学式』や『入社式』
         |: :l:|:イ笊 \:|^テ笊ミ∧:|V: V: ,   こういった、組織に加入する際の『儀式』の事を
         |: 从 Vツ  ` Vツ |:∧〉V: V
         |: :|:ハ    ,      |: /-' ∨:}
         |: :|:圦   、 ,     |:/: :|: ∧|  ――『参入儀礼』っていうんや。
         ∨: : 个       イj' |:/|/  }     だから、極端な話、歓迎の飲み会もまた『参入儀礼』や。
           \∨∧:|:`i:T_´,.. ---∨       ただし、学校や会社が秘密結社じゃないのは
           ヽ〉,-<∨∧   //...⌒\    参入儀礼が『非公開ではない』から。
                「/{ /〈///〉- ' /\/⌒\   そこら辺に秘密主義が絡むのが秘密結社やね。
               /.∧{  }//{ /\//    '.   やたら組織のあれやこれを秘密にしたがる。
           {./、∧〉 |//|/\/.../     }   まぁ、秘密ごっごや。
             |'V.V∧ |/ /\/........{       |
            / V∨ム j/ {\, ..........|      \
           {   }...V..} |/ |.../............|        }
            ∨_,|.....|..| ∨{.「............. |      /


587◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:37:29 ID:MQ4q19dQ0

              -----
         ,. : :´: : : : : : : : : : : `: : .、
        /: :, ---、: : :./⌒\: : : : \
      /: :/: : : : : : : : : : : : : : \: : : : ヽ
      .': :/: : : /: : : : : : : 、: :、: ヽ: :ヽ: : : : '.
      /: :': : : : |: :.|: |: :|: :.:|: : |V ∧=A: : : : :.
     .': : |: : : :∧: |: |: :|,:-:|--|: V ∧'∧: : : :|
     |:|: :|:|: ィ|´{:∧:|: :|\ィ==ミ:∨: |: : '、: : :|  ――だから、現在進行形で存在する秘密結社も
     |:|: :|:{ : |ィ斧ミ从: |  {ハ:::(_ミハ: :|: :|:|}: : :,   歴史上に登場する秘密結社も、その始まりは
     |:|: :l∧: :| {ハ(  \  Vしり |: |: :|:|': : ,
     |:|: : : 从l vり      ー'  |:∧: :| : ,
     |:|: : : :| ハ   '       /' : |:/: /  ――仲間内の飲み会が発祥だったりするのが
     |从: :|:|: 込、   V フ    ィ|/: :/:}:/    結構おおいで。と言うか、今でもお遊び感覚で
      V: :|: :|: | >   __   ´ / j:/}/'     色々な秘密結社がほいほい生まれとると言えるな。
       '.: :∨V{ --/⌒}    // ̄/... ̄\ 『歓迎会だ、一気飲みしろ! それがここのやり方なんだよ!』
       \:.Vリ/.../   /   / /\/ ̄ ̄\.〉これは立派な参入儀礼やね。この儀式を果たせなければ
       /\}{.....{  {    /...\/../ ̄ ̄∨ 仲間にはなれないし
      , ⌒ ∧.....V |-- /...\/.../     } 『さすがに、最近だと一気飲みはちょっとな、隠せ隠せ』
      /    /....∨∧/_/...\/....../       はい、これで立派な秘密結社や!
    /    ,...........∨∧/\/....../         ヽ
   /    ,ィア≧ァ..V../..../............{          }
    {    /// ノ_....V..∨................乂       ノ
   /   ,   /' ノ....∧./........................〉     イ
   7、__/     /........|..V......................../ ̄ ̄ ̄ 7
 , / ´    ノ .......... |__|.........................7ー---r


588◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:37:44 ID:MQ4q19dQ0

           ,. : : : : : : : ̄ ̄ ̄: : : : : : : . .
         ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : :/⌒\: : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :\
        .:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : \: : :ヽ
     /: : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧: : : :'.: : : '.
     .': : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 : / ∧: : : :'.: : : '.
     |: : : |: :' : : /: : : / : : : : : |: : : 、: : :∨ /: ∧-、:∧ : : '.
     |: : : |: |: : :.|: |: : |: : : : :|,: |-、--V: : ∨: / ∧〉 /、V: : :  ―― 『秘密結社』の分類? ――
     |: : : |: |: :, :|-|--{: : : : ハ: |  \:|: :l: :∨ /: : |/:\|: : :|     1.娯楽・探求系――
     |: : : |: |:´: :ハ: :∧: : : | }/ ,ィ斧笊ミ、:∨: : :.|: : : :|: : :|     代表例:黄金の夜明け団
     |: : : |: |:、,ィ斧笊 从: : |    _)  刈 〉ハ: : : , : : : |: : :|          薔薇十字団
     |: : : |: | {! _):刈  \|    Vこ,ツ  |: : /|: : : :|: : :|     2.政治系――
     |: : : |: |ハ 弋zツ               |: /: |: : : :|: : :|     代表例:ブラックハンド
     '.: : :.|: |:∧         ,            |/: : |: : : :|: : :|          聖フェーメ団
     '.: : |: |: :∧         ___        ,|: : |: : : :|:从|     3.犯罪系――
      ,: l从: : 込、      ヽ  ノ       イ:|: /| : : /}'      代表例:K.K.K.
        '. :| }∧: : >          イ ∨ |/: | : /             プロポガンダ・ドゥエ
       ヽ '  \:|V:|: : `: : r‐  ´    V/|:/|: ,'
            ` ` \:|\: '.         ∨' /イ         その他(?)――バイエルン系
                      , -}     ,:  / ̄ ̄ ̄ ̄\、__   代表例:バイエルン啓明結社
                 // ノ   / /     / ̄ ̄|.......\      イルミナティ
             , < /、   _/ /    /...\/⌒ヽ../...〉
            / ー {    ´/  '  ,....<........../    V../
           /{.......\∧  /  / ̄\....>´/        V
          , \/.../ヽ} /\> ´ ̄ ̄´....../
           /   }∨......| {..∨........................../            |
          ,:   /.........V| |∨........................../          \

<=========================================>
 > はやて「まぁ、なんでこんなことを言い出したかというと、実はな、第2次世界大戦中の
 フランスでは、ある目的を持った『秘密結社』が、活動した実態が存在するんや」

 > はやて「それが、レジスタンス支援を行ってた結社『アルファ・ガルト』……。
 上の分類やとバイエルン系に片足を突っ込んだ政治結社やね」


589◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:38:07 ID:MQ4q19dQ0

          /  ,     ハ ,、
          //イ(/(/(ノイ: :}(ハ
       {{ {: ::{: :{: : (: : : : : : /: :ヽ
       {ムV: : : : :、丶\ //: : : : }
      Ⅵゝ: : : : : : : : イ: :/: : : : : `ヽ  ――バイエルン系というのは簡単に言ってしまえば
      >ー-=彡: {\: {V{:_:_ミx: r‐ミ、   陰謀論秘密結社でおなじみ『世界征服』や『新世界秩序』を企む奴ら
       {: : : : : {V从  }ハ/xへ}ヽ|j} }:} ̄\-――
        乂:_:_ノハ≧ミV厶イヒリ    ノ^\\ \ ̄
       {:_:_:_厶´ヒリ|^``ヽ    |:    }  }
.         / ∧/L.. _   ,xー/⌒\ :}
      ,. -く  //∧  マ三ノ  / /     V  ――って感じの連中だ。ただし、バイエルン系の
     /    \{ { { /\ こ´ / / 、    /\   ほぼ全部が『空想上の秘密結社』だけどね!
.   /      /`i.{ {:{  /ゝ---{:、. : :_:\__/: . . 、\ 元々は絶対王政の時代にアンチ絶対王政の政治思想を広めようと
.  /(\| |_,/  .: i:{:{ :{ {    V/Yi|l }: : :_:ノ: : : ノ   した連中が、作り出した『バイエルン啓明結社』に由来すると言っていい。
  ′: : | |: . | l:/| l { :{ \'/ l | |||、: : : : :/ /
 | |ww| |: : | |'__,:| |:       /,  | |¦| ト-| i:く /./
./| |: : : | |/| |  :| |i:      /, | |  | | | | {__/.::::
: :| |l : : | |_ノ| |. : :| ||i:.,      /, :| |  | | | | |\:i:.| l
i :| |l l l:| |l : | |i : :| |||込、    /, | |: . | | | | |l |l | |
V| |l l l:| |l i | |l l :| ||l三三≧=ー/,| |: : | |: .| | || || | |


590◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:38:23 ID:MQ4q19dQ0

: : /ゝ /  /{ /(     /.: :/:.ヽYヽハ
: :{ノ(/(/( { 乂: :人/ (  7.:/: : :.} ノ }/{
: : : :イ): : : : : : : : :)/: : :./イ.: : : :.く   ノイ
: : : :_彡ミxー=彡): : イノ(.:ノ、: : : :\_ノ
: :r'´//^`寸≧x(: :ハ }   ヽ:: :\: : :.{_
: :} ´  ィ弌k`寸≧kjノ   Vヽ: :ヽハ: : ヽ
乂    弋ソ ヽ`寸ハ 斗ャ≦升: :} ノ: :ζ
、      ` ̄ /7 〈 代ソ^}i}リ: :: :γ´
i|    :  /  {  ヽ 「´  /: : 乂丿
i|    :       r__j|_,〉 //⌒´
i|    :       ゞ三/ /´  創始者「教えを広めるためには……」
i|    :   .、       /     ↓
ヘ          ̄⌒´   /    協力者「フリーメイソンの風習をぱく……模倣してなんかかっこよくした」
 \      `=='  /      ↓
  : :\      }  /      加入者「なんか面白そうな飲み会やな! 入るで!」
  : : :.\     } , ′
   : : : : :.ー―ァ'"
\    : : : : : ::/ヽ

<===========================================>
 > ジョナサン「アンチ絶対王政の政治思想を広めるために、わざわざフリーメイソンのやり方を模倣
 したりすることで、なんかそれっぽい神秘の集団に見せることで加入者たちを獲得することに成功した」

 > ジョナサン「ところで、考えて欲しいんだけど、絶対王政の時代にアンチ絶対王政の政治思想を
 広めるために設立された秘密主義でなんかよくわかんない儀式とか暗号とか使いまくる集団って
 統治者としてどう思う?」


591◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:39:04 ID:MQ4q19dQ0

              -‐ ――- 、
          ,ィ,´ ,  .,     `ヽ.
          /"   /   ハ ハ   ヽ:..、ヽ
        〃 /:: /.::   |il!iili|  :.、ヽ:::::.ヽ
       /' /.: ::i〃 i| i::i|`゙"'l:i::.i i::.i:i::l::::;、}  ――はい、解散、かいさーん!
     〃  {.  ,'; : ルi !|  |ハ | i :l.|::l!:::| i
.         } .ハ ニニニニニ  ニニニニニ.| i .!
.     r┤Yヽノ i  |               | / ,゜   ┏                                             ┓
    「|. |. | |,、 ト、 l!             レ /人   ┃                                             ┃
   !j _| 」_/ { |、 八   ___    ノ / イ   ┃      どう考えてもカルトやテロリストのたぐいです。            ┃
   !   ,{ ∨ ソ  > └―┘ . </、_メ 〉  ┃                                             ┃
   }   {  ,リ {,ィf:::]:::::※|;;;;;|※::::: [ ::.∟ヾ´>  ┗                                             ┛
   ゝ-==。く l}∧ ::::::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::::::└rヾ!〉

____________________________________________

 ・:と言うわけで、ドイツ、バイエルンの地に生まれたバイエルン啓明結社は10年とたたずに
 解散、消滅することになる。

 ところがである。


592◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:39:23 ID:MQ4q19dQ0

    ,,..-―^―-..,,
   /+ :+ :+ :+ :+ \
   /*※*※*※*※*ヽ
  .'⌒'⌒'⌒ii⌒'⌒'⌒'^
        || 彡(゚)(゚)
        ||'~ヽ_,(~ヽ   あら^~いいですわね^~
       i~ミ〉 ,,,),,| |
       し'ゞ,, ,, ,/し'
        ,r' ~ ~ヾ~ヽ
       / ,; ,; ヾλ
        / ,; ,; ,ハ ヽヽ


                          (゚)(゚)ミ
                               ノ    ミ
                          つ ( _. ッ". -'''" ̄ ̄^ニv..........,、
                     ,.. -―'''';;]_,゙二二__,,/  _..-" ゙゙゙̄ー     `'-、  ――どうも、ワイが
               ,,-'"゙゙,゙ニ=ー''''"゙゙シ'"_,゙,゙,,,,,,,_     `'''T゛                 \  正統派のバイエルンやで
           /_..-'"″ ^゙>"゛     ´                        `!、
           _..イ'"゛       ./                  \       ,..-''ー..,   .l
          / /         ./                  `゙''‐  .、        \.,,,│
        /  l         「                       l          " .`''、
      /   l゙         i                    !  .,!             .  .,!
        ! ./│      ._/ .ヽ,_,                   ,│ │         !   .!、
,, -ー¬'''" ./   .ヽ  _.. ‐″ .`'. "   `゙''―- ....,,,_       _.../ │  l           丿   .′


593◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:39:42 ID:MQ4q19dQ0

                            (゚) ミミミ
                           ノ  / ミミミ
                          つ ィ ノ ,八ゝ ._  ――ワイこそが、バイエルンの後継者やで。
                     , -‐=‐-ェ'´   {   ゝ  ヽ_
                    /  ノィ´  ヽ_   Y ... -‐'``ヽ.
                   ,.ィ''(><__ノ,....__ノヽヽ i!  ゙!   ヽ :}
 ,._,、 ⊂ 、        ____ノ,γ´  ; ;<   `ヽ  冫;   /∠´゙/´`{
 \ー‐'´  ヽ.. -‐ '´ ___  { ⌒ゝ  ノ  ̄` ゝ'´ / ノー、 .ノ  ハ
   `丶-=、_____` ̄ ,. '´__>''゛ー‐'゙i     -‐‐ /三二  /{   : !
            ̄ ̄ ̄         / ミミ_     人ー‐‐,>ヘ.ゝ--'、 |
                      レ=‐-=、ーイ`_ } /     Y¨ヽ }
                       /ヽ.     `ヽ.r‐'     /` ノ ,'


      __                (゚)(゚)ミ
  /´ ̄       `!              ノ   ミ
  |  `にこ匸'_ノ              つ  (
  ノ u  {                 _.. -―- :{`ニニニ,/ /  \  ――この肉体をみてみ、バイエルンが解散?
. / l   | __  / ̄ ̄`>'´   ノ'    ´ {、    \   何を言うとるんや。とっても元気やで
/ |/     {'´    `ヽ. " ̄\ U `ヽ.    __,,.. -‐丶 u  ヽ
| / ヾ、..  }      u' 〉、    }    `ー''´  /´ ̄ `ヽ '" ̄\
! :}  )「` ノ、     ノ l\"´_,,ニ=-― <´  ヽ{  ノ(   `、  |
l   、_,/j `ー一''"   },  ノ ,  '''''""  \   ヽ ⌒ヾ      v  |
ヽ   _         /   } {. { l ┌n‐く  ヽ/ ``\        ノ
  `¨´    `¨¨¨¨´ ̄`{ 0  `'^┴'ー┘|ヾ    }、 u'   `  --‐r'′


594◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:39:55 ID:MQ4q19dQ0

            やきう戦隊               (゚)(゚)ミ                        (゚)(゚)ミ
   彡(゚)(゚)      ┌──┐┌┐    ┌―,    つ,ヘ ミ  l二7 ロロ                つ  ミ
   彡  と      └┐┌┘|| i"~| └‐" i''"|,i' i''i二ニi,,,,iヽ,l二7 |'~| ┌┐           ,_,_, --`ー.ヽ,
  |  __`二i二`, ┌┐__| |   | |__j  | __| | !'  |  i''' __| | [  二''i l二二二l  (_;_;-iー-、__/|
  ヘ-.'  |.|     |__/   .|__/ |__/ .|  |  /  |__/  |_| |ノ           ||   .|
   .ヘ____,!.!         彡(゚)(゚)          .i-|===ニl         (゚)(゚)ミ          .|-ー-i |
   //ーーー|         .彡  と          !/    .ヘ          .つr-、ミ         .| ̄/ .|,
   |/|-'  .|        , -`=,ー-ー 、        /   ,_  ヘ        ,-'''`''r 、 ヽ,         .|.| !_/!
   .| ` ̄''''|      i'___|,-、_'''''、'--'       /  / ヘ  .ヘ       `i_/'''.| `i-'         | .|  /
   |  ./i  |        `i  |  i'__       /  /   ヘ .ヘ       |'  .|  |          | .| .|
  / ./`,| .|        ヘ__ヘ,,-' 、丶     /  /     ヘ .ヘ      .|r-、__|___|_         | .|  |
  /ー,/  |__,|         ', iー|' ̄`i-,ヽ    /`ー/      .ヘ''''ヘ     /_,,-.|---/.|         .キr'''''.|

<===========================================>
 > バイエルン系?「ワイらがバイエルンや。    3 3 4
                            なんか文句あるんか?」


                               -、、
                                  \ 、
                            , ‐メ‐' ̄´..V´ ̄`  ヽ、
                            / ./   ハハ... ハ"`ヽ ヽ \.
                           ,' //, '/.ソ.ニニニニ.i  ソ  、 ヽ..
              r‐ 、            '../〃 {_レ._ニニニニ.ノノノノ リ| l i|
                  \ \ ,.,         { |   |((_,))ニ((_,))|ニニト!‐l、
                   \ \` ,.      j |  l | ニニニニニニニ|ニニ|fヽ !.  ――なんでや!
                    \ \`'、    !,|  ト|  ニ_,ニ,ニ,ニ,_ニ|ニニ|ソ/
                     \ \     i |  ! ,ィく∧∧∧∧>|∧|.(メ)
                       \ \'',,  } |  i、´|「三三三三|「//..〈ハ〉.
                        \ \   |∧| `lj'-ァ三三 'lj /ニニ.(メ).\
                          \ \       /`'ー一 ''´ニニ. 〈ハ〉.ニヽ
                           \ \ _  /  ニニニニニニニニ.'  ∽.ニニl
                             Y´_,r`ヽ ニニニニニニニニlニニニニニニ|
                           { l  -'´_`Lニニニニニニニ|ニニニニニニ| {、
                             j} l   ´ rくニニニニニニニ|ニニニニニニ| }!
                          ' 〉 ニニ{、 \ニニニニニj_,r─--、」 j'

____________________________________________

 ・:本家本元のバイエルン啓明結社が消滅したにも関わらずなんか、模倣団体が乱立した。
 そして、時代は運命のあの瞬間を迎える事になる。


595◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:40:31 ID:MQ4q19dQ0

                   __
                |__|'' - ._
                   |  | l' - ._|
                   |  | |`:| |′
                  ,=|  | | | |
                 / :|_,, | | | |
               l  | |. | | | |
                |   | |:::| | | l|. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               /   | l | | | || |        Vやねん!
                /   | | | | | |:! \_  ______________
     ∧_∧   /   .l l. | |‐'| |:|     ∨
     ( ´∀`) /     | |. | | | ll:|   ∧_∧
     (     つ     | |  | | | ||:|  ( ・∀・) ∧_∧
     |  |  |    ⊂⌒| l:  | |‐'| l:|:| ⊂    つ( ゙∀。 )
― ∧∧ ____,)__)ーl二二二l_,.. ┐| |'二二⊃ / /〉 〉―;;~∴ー――
  (  ,,゚) 厂⌒厂⌒厂⌒i´__,,. |..| |〉    〈(_) (__)   ;' _,.. - ''"!∧ ∧_∧
  /   つノノ  ノ  /   ,ノ|    |,,|..!、____,ノ     _,.. - ''"   _,.. ┘∧ ∧_∧
 (,,  ))'~ー~ー~一'"┴'''"        _,.. - ''"   _,.. - ''"l:| ∧_∧ ∧_∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  _,.. - ''" \;|  |:!(・∀・ )(・∀・ )
―┬―┬―──――――――‐┬―┬┬┴''"/     :|∧_∧ ∧_∧ .∧_∧
  │  │                |  || /       .(∀・   )(∀・   )(∀・   )
. ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )

____________________________________________

 ・:フランス革命の勃発である。


596◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:40:48 ID:MQ4q19dQ0

         , ‐メ‐' ̄´ ̄ ̄`ヽ                    , ‐ ¨ ̄ ̄ ` .
           / ./   ハハ"`ヽ ヽ \                /  〈{      ヽ
          ,' //, '/.ソ  i  ソ  、 ヽ              ,.イ/, ト、\≧=-ヽハ  .、 \
.          /〃 {_レ   ノノノノ リ| l i|              .l| |_{ノ\{、(⌒ヽリ| l | ハ{
        | |小l○    ○ 从 |i |             八小l○  \○ 从 |、|
.        ..三 ≧  、_,、_, ⊂⊃|.ノヾノ、             }ル|l⊃  、__/| .⊂⊃ |.八
゚ 。゚ 三 ≧         ゚'._)    i.! /⌒i〉          /⌒ヽヾ{lヘ  ゝ_/  ./イ /⌒}\
゚ -== 三         ≦イ. i.!/ ,/メ)         \ /:::::/\>,、||__ イァ/  /〉
 。 -=≦             ,z.::: [ {ヘ、三〈ハ〉   .       〈:::::/\___>:: l|水/:::{ヘ、__〈_〉
  。 -=≦          ,z- .!ヾ彡' ∽           `¨\  \:||クハ:::/ヾ:::彡'〉
  ≦ ッ        ッV´≧

<==========================================>
 > 王侯貴族の皆様「「「どうしてこうなった!? どうしてこうなった!? どうしてこうなった!?」」」

              イ ゙゙ ̄ 二ニ=ー
           イ           `ヽ        _
        /     .|   |                /  j |
       ./ /     {   | 从        ∧.   /   //
      / /    / 入  .八\\ \  ヽ ム  /   //
       '    / /  寸  \ r≦壬V ハ .}ヘ   //  ――きっと裏で糸を引いてる奴がいるはず!
       { {   ーー----ミ≧ー-イ心ヽ }   } / /ニミY:Y    そうだといってくださいよ!?
       { |    {/ 斗笊㍉   代ソ  } /}7ニVア |ニ}
      Vハ.   { 〈 弋ソ       ,   ノイ YニZ/  .|ニj
       V寸 .{八              |.ノ 弋_{  /:::::::>....
          V\| ハ≧ |j    /⌒)  人)  人 /::::::::::::::::::::::::>:....
        寸 ヽ小       `ニ´ ∠ ノ    |'::::o:::::::::::::::o::::::::::/≧
        ( Y⌒Yミ >=ー-  -イ_ソ       |:::::::::::::::::::::::::::::/         ヽ
        \)  {  Y⌒YV   {ム _ -=≦Q><::_:_>ーく           ∧
         弋,人_,人 ∧::::::>:...寸:::.Y´ ̄  {   //     \           }
              /<:::::::::::::::::/⌒ヽ     /           \       /
             /斗<  -=ニv  Oo  ゚ 。 マ                 -─く
           YQ     //`寸   ノヽ _>Y V=--ー──=ニ二
             ム   `ヽ  Y イニ寸(^Y二二二} ム
             ム     ', |  (  ソ ` ¨)><(¨   .ム
          {       |  V      ̄ ̄     }
          |      ∧  .}      O    ノ
             八     /::::ム ∧             ∧
         /     /:::::::oム:::::ム       O   ∧
           /     ./::::::::::::::::::\ノ


597◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:41:14 ID:MQ4q19dQ0
         , ‐メ‐' ̄´ ̄ ̄`ヽ                    , ‐ ¨ ̄ ̄ ` .
           / ./   ハハ"`ヽ ヽ \                 /  〈{      ヽ
          ,' //, '/.ソ  i  ソ  、 ヽ              ,.イ/, ト、\≧=-ヽハ  .、 \
.          /〃 {_⌒.. .ノノノノ リ| l i|              .l| |_{ノ\{、(⌒ヽリ| l | ハ{
        | |小l●    ● 从 |i |              八小l○  \○ 从 |、|
        レヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|.ノヾノ、             }ル|l⊃  、__/| .⊂⊃ |.八
.       /⌒ヽ_|ヘ   ゝ._)    i.! /⌒i〉          /⌒ヽヾ{lヘ  ゝ_/  ./イ /⌒}\
        \/ll|l:|i!i> ,、 __, イ. i.!/|l|lll メ) バンバン    \ /:::::/\>,、||__ イァ/  /〉
       从:l||l:|!i! ] :〓||〓:::l||l人|l||l从 〉   .       〈:::::/\___>:: l|水/:::{ヘ、__〈_〉
          ( ⌒ )!i|(:∥;;》《 ∥( ⌒ ) ノ ∽           `¨\  \:||クハ:::/ヾ:::彡'〉

<===========================================>
 > 王侯貴族の皆様「「「それだ! きっとバイエルンのせいだ! 全部バイエルンのせいだ!」」」


                            i、
                            | \
                            |  ヽ      イ
                            |  / ̄ ̄ ̄  /
                        _, ' ̄ }'`ヽ____  <
                        . ´         `ヽ`ヽ      \
                  /    ――、    `ヽヽ.   、   \
                 /           ̄`ヽ { |、 \\ ̄ `
                /    【ウェブスター】  \::人}     ∨ /
               /  /    |             \人   |  ∨
               /        /  |                 |/} |  |
              /イ        !i! ∧   |、  i、         |/} |  |
                |    |  /|:| / ∨.::|: \! \       |/  :|  |  ――へぇ……バイエルンなんて
                |    |: /x≠ミ 、 ∨_,.斗=ミヾト、   !|/  ,リ  |   奴らがいんのか……
                |    i! ,'  Vし.::}     Vし.::} ,〉  ,!ト     |
              ∨  |レ、  ,ゝ゚-'     ,ゝ゚-' /    |     | :|
              ∨\|/∧    、       /   :!|     |イ  ――今度それをテーマにした本でも書くか?
                  |:/ ∧          / イ      ,イ ,
                / ̄i!|  人   , - 、   //     /  / レ
           /::::::::::::::|     |`  . __ .   ´ ./    /  |
         _〈 :::::{ヽ::::: ヽト、  ト、   |     |   /  .::|
        / :::::::::::|  Y :::::::∧ .!:::\.才      i| ./ー=-- ┘
.         〈:\:::::::::::::} .!::::::::::: ヽ|少'´ ノ     |´   //     ヽ
       /:::::::\_/  |/´ .//           //         ∨
.      〈::::::〉-イ         //  __       .//.         ∨
        Y   !   /    ./ ‐   ( )    ̄ ̄``く          ∨
        }         '"´ ̄ー― ´ ̄ ̄ \ \          ∨
       /     /   .′               \ ∨,.         ∨
...      /     /   i                     .∧ ∨,       ∨


598◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:41:30 ID:MQ4q19dQ0

                              ―――
                ――   /{   /   /
             / /     人 、―〈    /⌒ヽヽ
            (  (      /  \  ヽ (/  )ノ }__
             `` 、、 _彡    -ー<⌒ヽ _彡―――=ミ
                -‐ ___r '"   _  ``丶、) ̄ ヽ     \、
              / /  {/     >   \ 人ヽ   \ _彡 \
             ( ' (  ' 【ウェブスター】   `  >、   \     ):ヽ
                ∨               ', ( )ヽ   \  '  )
                /     | ji   /| | |  |V   ',へ ハ    }/ /__
                ' :/ | | 从\  | | |_| |    ∨)_}--=≦--- :. :. : \
             /彡'  | |x==ミ、 八vx===ミ    ∨:.ノ イ /:. :. :./:. :. :/\
      _/\  </ :. :. |   |:八乂:ソ   V:::ソ :   |:\ 、:. /イ|: /:. :.{:. :. :. /:. :. \
   /:. :. :.)'~ ̄/ ̄\ : : |:  八八     ,   ノ /  |:. :/:.=‐-: ミ|/:. :. /⌒〈:. __:. ヽ
   i:. :. /:. :./:. :.>― "人   、 :、  、  , 彡イ/   ,\{__:. :.∧:./   /:. :. :. :. :. :}
   |:. :/:. :./>'"      \{\{ /个   _,. イノ  /        ``丶、 /:. :. :. :. :. :. :./
   ∨:. / \‐--------<⌒V:/  \、   ノ/⌒´| | /         ) ̄ ̄\ :. :/
  /:.//:. :. :.7: ー  _    ヽ{:.i     `¨¨´'      | |/r-――ァ ---  イ:. :. :. :. :. :/
  ': /:. :':. :. :./:.|:. :. :. :. :. > _八 \   , ,     ノ/ / \/  <:. :.:人 :. :. :. /
 i:.i:. :. :.i :. : /:. :|:. :. :.  ̄:. :. :.<r、ァ 、  ≧=======≦  イ   { ⌒YVヽ :. :. \ ̄
 |:.|:. :. :.|:. :. {:. : |:. :. :. :. :. :. :. :└ー/ ̄{i\ ≧ ..,,_,,./ ノ   /〉 \ _ノ':. :.\:. :.ヽ
 |:.|:. :. :. :. :. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :. :. _/:::::::::\}ト __=-    _ノイ/::::::::::Y:. :. :. :. :. :. :. :.
 |:.|:. :. \:. :. :. :. :. :. _ -‐ '"  7--っ):::::::::::::::トニ))二ニ≦ ':::::::::::::::::-i:. . :. :. :. :',:. :. :
  :. 、:. :. :. :. :./、:. / :. :. :.     {= '"  ̄ ̄、::::}::::::}:::::::/::--::::::::::::::::::| :. :. :. |:. :.',:. :.|
  、:.\ :. /  ∨:. :. :. :.|    |         \>r-:/'" ̄ ̄ -=ニ⌒> :. :. !:. :. V:.,
   \:. Y    ':. :./⌒)    |           } 〉'         ':\:. :. :. :. :. :.|/
    \    {/|:|: /     |          , ,          / \:\:. :. :. :./
           ̄ ̄      |          /           イ    \:\:. :/

_____________________________________________

 ・:こうして一人のイギリス人作家によって、一つの組織が歴史に姿を現すことになる。それが――――


599◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:42:30 ID:MQ4q19dQ0

      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ               ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ        /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、           ,         }.    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.  \  ――――全部『イルミナティ』の
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >  陰謀だったんだよ!!
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

____________________________________________

 ・:いろんな意味で有名な『イルミナティ』である。
 ……あえて言っておくが、別にイルミナティが存在しなかったとかあーだこーだと言うつもりは無い。

 ただ、今日皆が知ってるイルミナティはバイエルン系の空想上の組織の事が語られることが非常に多い。
 どっかにモデルとなる組織があってもおかしくは無いのだが、少なくともウェブスターが思いついた陰謀組織
 それが、いわゆる『イルミナティ』であり、今日『バイエルン系』と呼ばれる組織そのもの発想であった。

 ……いや、まさかこの発想そのものがすでにイルミナティの陰謀――――かっ!?


600◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:42:48 ID:MQ4q19dQ0

  ヘ    √ ̄\             /
   ∨⌒′   `ー-、,    .へ._/
              \   ë
                   , ┃
           /1  √  || \   √ ̄ ̄\
        ,ヘ/ 〉 /  _[ロロ]_ ー一'       `ー-、
     .√     く_,ノ  ヽ][][/              \
   v^           .|曲|.
                 |:|x|:|
               .|:|X|:|.
                 .|::|X|::|.  ―― でもってWW2フランスのアルファ・ガルド ――
               {ロロロロロ}
                 |:::|X|:::|
                .| :.|X|.: |.
               | .:.|X|.:. |
               .|:.: :|X|: :.:|.
              | :.: |X| :.: |
        ‐=≡ ゝ-‐[王王王王王]
     ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
    ‐=≡  / /  /    /\ \//
   ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/     
     ‐=≡    /    /
      ‐=≡   |  _|__
       ‐=≡  \__ \
          ‐=≡ / / /    
         ‐=≡  // /
        ‐=≡ / | /
       ‐=≡ / /レ
     ‐=≡ (   ̄)


601◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:44:16 ID:MQ4q19dQ0

                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、
              /            丶        l;
               .|               ヽ       ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |                    |||
      |||      |                       i  . ノ .|    【ヴァンクル】         |||
      |||      |                     /   |                      |||
      |||      |                    /   l                       |||
      |||      |                   i   /   .l                    |||
      |||      |                   /   l                       |||
      |||      |                   /    l                      |||
      |||      |                   !/     l                       ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                  / /!!!
      |||      |                    i   i .l                   /   / |||
      |||      |                     ! l               /    / |||
      |||      |                     l                /    /.....|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

_____________________________________________

 ・:我々は秘密結社『アルファ・ガラド』がWW2においてどんな活動していたのか少しだけ
 触れることが出来る。それが――――


602◆L/IzBTEirU2017/06/24(土) 02:44:44 ID:MQ4q19dQ0

________________________________________

 ・:今日はこれで終わりです。続きは今度の日曜日に


604書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。2017/06/24(土) 20:38:25 ID:mG7e8MdE0
乙です
平時と戦時での兵隊さんの問題は難しいな
ローマが兵隊に道路を作らせてたのってそういう技術習得の面もあったんかな


605書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。2017/06/24(土) 20:40:18 ID:3oE83OKk0
乙でしたー!

やきうのおにいちゃんAAは実に使い勝手がいいなw


関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/06/25 22:04 ] やる夫たちで見る2つの『湾岸戦争』 | TB(-) | CM(-)